第59号:身銭を切って挑戦しよう!ライザップに通うと成功できる理由。

第59号:身銭を切って挑戦しよう!ライザップに通うと成功できる理由。

(配信日:2016/12/07)

いしかわごうです。でんでーん!

12月ですね。師走ですね。

J1リーグとJ2リーグはリーグ戦の日程が終了し、クラブワールドカップに開催国枠として出場する鹿島アントラーズと、天皇杯が残っているクラブ以外は、シーズンオフに入っております。

移籍報道なども活発化してきましたし、どのクラブも来シーズンに向けた準備が本格化してきた時期ですな。

みなさんはどうですか?

「家長昭博って昔ながらの男前ですよねー」とか、そういう話題じゃなくて、もう来年の手帳は買い替えたりして、2017年の目標を立てたりしていますか?

僕は来年のことは年が明けてからじっくり考えようかな、と思いつつも、
今年積み上げてきたチャレンジを、より形にしていきたいと漠然と思ってます。

このメルマガでもたくさん紹介してきましたけど、
今年はたくさんのチャレンジ、トライをした一年だったと思ってます。

チャレンジが達成できたモノ、継続したことで実になったモノ、
思ったほどはうまくいかなかったモノ・・・いろいろとありました。

おかげで今年1年で、自分にはいろんな変化が起きたのですけど、
たくさんのことをやってみて発見したことがあります。

それは・・・「身銭を切って何かに挑戦する」ということの重要性です。

この続きをみるには

この続き: 1,572文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第59号:身銭を切って挑戦しよう!ライザップに通うと成功できる理由。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

サンキューです!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。