見出し画像

ワンポイントレビュー:等々力劇場だったからこそ、冷静さも必要。なぜ追加点が奪えなかったのか。前半に起きていた”渋滞”を検証する。(1st第3節名古屋グランパス戦:3-2)


名古屋グランパス戦は3-2で勝利。ホーム等々力での初勝利を飾ることができました。劇的な等々力劇場だったからこそ、より冷静に分析してみたいと思います。今回のポイントは、こちらです。

1.小林悠がまさかの欠場。急遽出場が決まった森谷賢太郎に課せられた仕事は?

2.なぜ追加点が奪えなかったのか。前半に起きていた”渋滞”を検証する。

3.追加点を奪えなかったことで、払わされた失点という代償。「中で勝負してくると思ったので、ちょっと距離を離してしまった」とシモビッチの対応を悔やんだ奈良竜樹。

4.相手のディフェンスラインを攻撃せよ。後半に徹底し続けた左サイド攻撃が呼び込んだ同点弾。

5.最後は等々力劇場。5年ぶりの「超気持ちいい」。

では、スタートです。

ここから先は

4,288字
この記事のみ ¥ 300
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。