第95号:ピッチを縦に割って考えるサッカーの話。

第95号:ピッチを縦に割って考えるサッカーの話。

でんでーん、いしかわごうです。

水曜日の夜に、メルマガを配信できるのは久しぶりな気がしますね。

長く続いていた川崎フロンターレの連戦も、一旦ひと段落しました。

先週末の神戸戦が終わったようやく試合間隔が1週間空いたので、
六本木ヒルズで開催されているジャンプ展に行ってきたのですが、
そこの会場で、お子様を抱えた堀北真希&山本耕史夫妻に出くわしました・笑。
いやぁー、さすがギロッポン(死語)ですね。

そして少年ジャンプは僕の青春だったとあらためて感じました。

さて。
連戦中は、メルマガもフロンターレの話題だったので、
今回は違う話題を書きたいと思います。

・・・といっても、サッカーの話なんですけど・笑。

それは、安間貴義監督のことです。

この続きをみるには

この続き: 1,726文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第95号:ピッチを縦に割って考えるサッカーの話。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

スキ、いただきました。あっざーす!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。