第56号:選手が語る、人生で大きな決断を下すときに大事にすること。

第56号:選手が語る、人生で大きな決断を下すときに大事にすること。

(配信日:2016/11/09)

でんでーん、いしかわごうです。

あのー、今日は真面目な話をしたいと思います。

それは人生における決断についてです。

 J1はリーグ戦の日程が終了しました。

残っているのは天皇杯とチャンピオンシップだけです。

僕が取材している川崎フロンターレは、幸いにも両者とも残ってますが、
すでにシーズンオフに入ったクラブもあり、来シーズンに向けたチーム編成も着々と動き始めています。新聞での移籍報道なども活発化していますね。

フロンターレでは、すでに風間監督の退任と鬼木コーチの監督就任が正式発表。エースストライカー・大久保嘉人は、FC東京へ移籍する旨をブログで表明しました。さらに日本代表・小林悠の元には複数のクラブから高額なオファーが届いているという、報道がされています。

 ここで移籍の是非は置いておきます。
移籍に対する考えは、人それぞれだと思いますし、それで良いと思います。

ただ、愛着のあるクラブや良い思い出のあるクラブからの移籍、あるいは残留をするというのは、どの選手にとっても、人生における大きな決断になります。

僕が興味があるのは、「そういう大きな決断を下すときに、その人が何を大事にしているのか」なんです。

この続きをみるには

この続き: 2,116文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第56号:選手が語る、人生で大きな決断を下すときに大事にすること。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。