第67号:「もしドラゴンボールが7つ集まったら、どんな願いを叶えたいですか?」。レナトとエドゥアルドの答えは?

第67号:「もしドラゴンボールが7つ集まったら、どんな願いを叶えたいですか?」。レナトとエドゥアルドの答えは?

(配信日:2017/02/22)

でんでーん、いしかわごうです。

いきなりですけど、あなたに質問です。

「もしドラゴンボールが7つ集まったら、どんな願いを叶えたいですか?」

 開始4行で何?と思うかもしれませんけど、 3秒ぐらい考えてみてください。

・・・答えはそれぞれあると思います。

ここで思って欲しかったのは、
シンプルに「叶えたい願いは何ですか?」と質問されるよりも、
ちょっとだけ考えませんでしたか?ということです。

 言ってしまえば、「叶えたい願いは何ですか?」という質問を、
ストレート直球ではなく、ちょっと変化球で投げただけなんですけど、
同じ質問であっても、変化球で投げられると、ちょっとだけいつもとは違うフォームで打ち返そうとしてくれることがあります。

つまり、たとえ同じことを聞く場合でも、それをちょっと違う角度から投げてみると、意外と相手は違う引き出しを開けてくれることもあるわけです。

こういうちょっとした工夫って、取材者として大事だよなーと
ふと思うんですよ。

この続きをみるには

この続き: 1,727文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第67号:「もしドラゴンボールが7つ集まったら、どんな願いを叶えたいですか?」。レナトとエドゥアルドの答えは?

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

僕もスキです!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。