第80号:「まずやってみる」ことの重要性と「初めて」を体験するということ。いしかわごう、スポーツ吹き矢をやってみたの巻。

第80号:「まずやってみる」ことの重要性と「初めて」を体験するということ。いしかわごう、スポーツ吹き矢をやってみたの巻。

でんでーん、いしかわごうです。

まずは先週のファイフロをご覧いただいた方は、ありがとうございました。
自分では「うーん」という出来の小林悠選手のインタビューだったのですが、周囲からは思いの外、評判も良く、ありがたく思ってます。

今週の放送でも続きが流れますので、どうぞお楽しみください。

さて。
4月から三田紀房先生の「右肩上がりラボ」という人数制の塾に通っています。

この続きをみるには

この続き: 2,388文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第80号:「まずやってみる」ことの重要性と「初めて」を体験するということ。いしかわごう、スポーツ吹き矢をやってみたの巻。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

もっとスキになってください!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。