第72号:「すべてを偶然じゃなくて、 必然だと感じるようにやらなくてはゴールは生まれない」。ドーハのイラン戦で決めたゴールは必然だったのか、偶然だったのか?中山雅史さんの得点感覚に学ぶ、目標を達成するための思考プロセス。

第72号:「すべてを偶然じゃなくて、 必然だと感じるようにやらなくてはゴールは生まれない」。ドーハのイラン戦で決めたゴールは必然だったのか、偶然だったのか?中山雅史さんの得点感覚に学ぶ、目標を達成するための思考プロセス。

でんでーん、いしかわごうです。

最近、いろんな企画やプロジェクトに携わらせてもらうことが増えていて
日々、いろいろな経験をしております。

そして、ひとつのプロジェクトの目標を達成するまでプロセスって、
サッカーで言えば、ゴールを決めるまでのプロセスと似ているな、って
感じることがあるんです。

例えば、「ゴールを決めるためにはどうすればいいのか?」と聞かれたら、
あなたはどう答えますか?

この続きをみるには

この続き: 2,907文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第72号:「すべてを偶然じゃなくて、 必然だと感じるようにやらなくてはゴールは生まれない」。ドーハのイラン戦で決めたゴールは必然だったのか、偶然だったのか?中山雅史さんの得点感覚に学ぶ、目標を達成するための思考プロセス。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

スキ、いただきました。あっざーす!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。