第57号:かまいたちの夜の思い出を語る。

第57号:かまいたちの夜の思い出を語る。

(配信日:2016/11/16)

でんでーん、いしかわごうです。

みなさん、ゲームしてますか?

・・・・というのも、つい先日、30種類の名作ソフトが内蔵している
ミニファミコン(「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ」)が発売されたじゃないですか。

僕は秋葉原や中野で好きだった中古カセットを買い集めて、
互換機で遊んでいるクチなので、わざわざミニファミコンは買いませんでしたけど、またにわかに「レトロゲーム」への注目が集まってきている気がしますね。

昔のゲームは操作もシンプルですし、短時間で遊べるので、
自宅でお酒を飲みながら、駄菓子片手にツインビーとかスパルタンXを
プレーすると、かなり楽しいです・笑。

そういえば、ファミコンを遊べる居酒屋なんかもありましたよね。
ただファミコンの商用利用は法的にアウトのため、閉鎖したみたいですが。

そんな中、「かまいたちの夜」がリバイバルされるという記事を読みました。

http://www.famitsu.com/news/201611/15120575.html


 この記事はさておき、僕が語りたいのは、
この『かまいたちの夜』への熱い思いなんです・笑。

この続きをみるには

この続き: 2,217文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第57号:かまいたちの夜の思い出を語る。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

もっとスキになってください!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。