第78号:「やめることの勇気」について思うこと。車屋紳太郎の取材でよぎった、宮坂翔の思い出。

第78号:「やめることの勇気」について思うこと。車屋紳太郎の取材でよぎった、宮坂翔の思い出。

 でんでーん、いしかわごうです。

 あのー、僕って5月生まれじゃないですか。
だからというのもあって、1年の中で5月が一番好きな月なんですよ。

だって5月って、4月のような3月を思い出させる肌寒さがないし、
6月のように梅雨でジメジメすることもないじゃないですか。

外に出れば、風が心地良いし、ちょうどよく過ごせる時期が5月だと
思っているんですよ。つまり、「5月って最強じゃね?」と思って
生きてきたですけど、先週から夏のように暑いというね・・・。

もう終わってしまうので、僕の好きだった5月を返して欲しいです。

・・・とまぁ、軽快なオープニングトークで始まったわけですけど。

今回は「やめること」について思うことがあったので、書いてみます。

この続きをみるには

この続き: 2,600文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第78号:「やめることの勇気」について思うこと。車屋紳太郎の取材でよぎった、宮坂翔の思い出。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。