見出し画像

ワンポイントレビュー:なぜ三好康児はあれだけフリーで攻撃を仕掛けられたのか。「直接的じゃないけど、うまくスペースを作って崩せていたと思います」。田坂祐介のスペースメーキングと巧妙なサポートを読み解く。(ナビスコカップ第6節ベガルタ仙台戦:2-1)

等々力競技場で行われたナビスコカップ第6節ベガルタ仙台戦は2-1で勝利。

 ターンオーバーで臨んだカップ戦でしたが、伏兵・大塚翔平の2ゴール、板倉滉のプロデビュー戦、安藤駿介の3年ぶりの公式戦出場などなど、見どころがたくさんあった試合だったと思います。

 ピッチ上の現象を分析していても、チームとしてボールを握ることで、仙台の〔4-4-2〕システムとの齟齬をうまく突いていき、〔3-4-2-1〕システムの良さを出すこともできていたと思います。

今回のラインナップはこちらです。

1.「中央突破を狙うことを第一優先にしながら、相手を広げることをイメージしてやっていました」(橋本晃司)。効果的に機能した、手数をかけない「大外刈り」。

2.なぜ三好康児はあれだけフリーで攻撃を仕掛けられたのか。「直接的じゃないけど、うまくスペースを作って崩せていたと思います」。田坂祐介のスペースメーキングと巧妙なサポートを読み解く。

3.「前がかりにきていたら、ああいうところが空くのはわかっていました」。2点目を呼び込んだのは、33歳・井川祐輔の強いけど優しい縦パス。

4.初先発で2ゴール。大塚翔平がフィニュシャーとして優れている技術と、内に秘めるその情熱。

5.「滉機到来!見せてやれ川崎魂!!!」。90分間、自分の力を出し切った板倉滉のプロデビュー戦。

 以上の5ポイントで語っています。今回は約7000文字です。読み応えは十分だと思うので、仙台戦の勝利を噛みしめたい方は、ぜひどうぞ。

なお、プレビューはこちらです。→試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ナビスコカップ第6節・ベガルタ仙台戦)

では、スタート!

この続きをみるには

この続き: 7,372文字

ワンポイントレビュー:なぜ三好康児はあれだけフリーで攻撃を仕掛けられたのか。「直接的じゃないけど、うまくスペースを作って崩せていたと思います」。田坂祐介のスペースメーキングと巧妙なサポートを読み解く。(ナビスコカップ第6節ベガルタ仙台戦:2-1)

いしかわごう

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

スキ、いただきました。あっざーす!
3
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。