いしいようすけ

在宅診療所や会社の経営をしている大腸がない医師です。医療をクリエイティブに、もっとワクワクと楽しくwell-beingな社会実装を目指してものづくりと仲間づくりに励んでいます。よく「うんこ」とか言うけど、それには深い理由があるので許してね。

SHIPマガジン〜旗を立てよう。〜

SHIPは、医療・介護・福祉領域を軸に、「これまで」を変えたい人、「これから」を作り出したい人、応援したい人が集まり、対話や行動をともにすることで自らの強みを見いだし、やがて世界を前に進めるコミュニティです。 応援してくれる人が見えるとやる気になります!

SHIPマガジン〜旗を立てよう。〜
  • 135本
わたしの「性教育観」を変えた授業の話

わたしの「性教育観」を変えた授業の話

約10年前、同小学校に広がっていた景色は、教室で窃盗があり、器物破損があり、転落事故がある――というものでした。児童が教員に暴力を振るい、校外で万引きをし、LINEでいじめをし、公共物に引火させる。同級生への暴力がエスカレートし、隷属的な力関係ができている教室では、コンパスが飛び、机の下でマスターベーションしている男児がいて、女児が友人を顎で使う。「教室から物を取りに出ただけで、出血して帰ってくる。端的に言えば、窃盗・恐喝・暴行事件が同時多発している状況だった」 産休前に書

スキ
14
コロナワクチンについて考える会をします。

コロナワクチンについて考える会をします。

9月16日更新 日程追加しました。9/18(土)10-12時 9/21(火)18-19時 新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいます。 高齢者のワクチン接種がひと段落つき、10代~50代の若い方への本格的な接種が進みつつあります。医療関係者や行政職員はもちろん、多くの方がワクチン接種に関して尽力していただいています。本当にありがとうございます。 近頃、まちに住む方とだいかい文庫で話していると、若い自分が打つ理由がない、妊娠、出産を予定しているのに接種して大丈夫かとい

スキ
14
医師が商店街の空き店舗に小さな図書館を作った理由。ケアをまわすエコシステム「だいかい文庫」とはなにか。

医師が商店街の空き店舗に小さな図書館を作った理由。ケアをまわすエコシステム「だいかい文庫」とはなにか。

2020年12月、家庭医療専攻医である僕は、豊岡市の空き店舗に小さな図書館を作った。だいかい文庫と名付けた図書館は、おかげさまでオープン4ヶ月で400冊程度借りられている賑わう図書館となっている。 この図書館は、「シェア型図書館」である。市立や大学の図書館のような公立ではなく、民間のシェア型図書館だ。まちに暮らす人たちが一口2400円/月から共同出資し、一箱本棚オーナーとなり、自分のおすすめする本を図書館に置いて、交互にお店番をする仕組みである。現在、一箱本棚オーナーさんは

スキ
1,607
訪問看護ステーション、3年目に入りました。

訪問看護ステーション、3年目に入りました。

こんばんは、葛飾区の訪問看護師、重本です。 訪問看護ステーション開設から、怒涛の日々の中で、2月で開業から2年が経ちました。 昨年と同様に、過去の投稿を通じて振り返ります。 まずは、1月末の時点での実数は以下の通り。 ・利用者数は55名 ・月間訪問件数は約430件 ・指示を頂いている病院やクリニックは20ヶ所以上 ・現在進行中のケースで連携頂いているケアマネージャーさんの事業所は約30ヶ所 ・在宅看取りは、1年間で21件のお見送りを手伝わせて頂きました。 こ

スキ
7