警察から警備会社に立入監査・双方の見方を紹介【選任歴13年のメモ】

所轄警察署の立ち入り監査を何度か経験した人は
『何を聞かれるのか?何をチェックされるのか?』
知っているので心穏やかです。

しかし、最初は立入監査についてどんな事をするのかわからずに戸惑った人も多いでしょう。

なかなかその場に立ち会って、立入監査の状況を体験してから選任者になる人はそう多くないと思います。

だいたい前任者が急に退職したり、定年を迎えて席が空いた時に
指導教育責任者の資格を持っているからという事で
選任者を仰せつかるパターンが多いと思います。

実際の立入監査は地域により、また世情により重点的に
チェックする事柄が違うと感じました。

その中で13年のあいだ私が立ち会った経験や私見と担当警察官から聞いたあまり出せないチェック項目をご紹介します。

こんな人にオススメ!!
・毎年ある所轄警察署の立入監査について基本的な事が知りたい人
・これから営業所の警備員指導教育責任者の選任に抜擢される人
・担当警察官が検査している項目が知りたい人
・毎年監査に立ち会ってはいるけど今一つ細かく知りたい人

『今のままで別に構わない』とか
『このNOTEを見ても活用できない』って人は
オススメしないので読まないほうがいいですね。

今回の内容は知識として知っておいて損ではありません。
また、警備業に関しての内容になっているのでnoteの価格は100円です。

私に警備現場でコーヒーを奢るつもりで、ぜひこのnoteを
読み進めて下さい。

ちなみに、こちらのnoteは販売後、一定の売上に到達する毎に
値上げを行いますので、お得に買える今のうちに
購入する事を強くオススメします。

色々な警備会社に勤めて、私が15年間で取得した資格は

交通誘導警備業務2級 
交通誘導警備業務1級
雑踏警備業務2級 
雑踏警備業務1級 
施設警備業務2級 
施設警備業務1級 
警備員指導教育責任者1号 
警備員指導教育責任者2号 
機械警備業務管理者 
セキュリティ・プランナー
その他普通救命講習など

画像1

私が13年ものあいだ支店や営業所で選任者をして、所轄警察署の立入監査に対応してきました。
そこで私が立入監査でメモしてきた内容と対応方法をご紹介します。
そして担当警察官から聞いた詳細なチェック項目を
最後に確認してください。

この続きをみるには

この続き: 6,576文字

警察から警備会社に立入監査・双方の見方を紹介【選任歴13年のメモ】

irohanix

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます☺️
5
2歳男児と3ヶ月男児の子育て専業主夫だがエンジニア目指し鬼修行中👹あっ後、irohanix blogってブログも勉強中です…宜しくです(^^)