新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【プレミアム記事】なぜJ-REITなのか?J-REITを中核とした「真の理由」(エビデンス明記)

売り切れ

4月の供給は6時30分に供給した在庫限り(最終)です。たくさんのDMをいただき本当に驚いています。再度5部供給しますが、これは本当に早い者勝ちでもう4月の供給はないことを約束します。売り切れましたので、次回の再版は5月1日となります。

※2019年4月2日更新(私のパフォーマンスについて追記)
※2019年4月24日更新(末尾に地価情報を追記)
※2019年9月10日更新(現状のパフォーマンスを追記)
※1/31、新型コロナウイルスのことについて追記しています
※2/21、新型コロナウイルスについて追記しました
※3/1、今後の見通しについて追記しています
※3/31、今後の見通しについて追記しています※4/1、今後の攻め方について末尾に追記しています
※4/1、需要が多いので1度目の増販を行います
※4/1、需要が多いので2度目の増販を行います
※4/1、需要の多さで3回目の増販を行います
※4/1、異様な需要ですので6時30分、4回目の増販を行います
(過去初です)最終

2019年4月23日 初版完売
2019年5月1日 第2版
完売
2019年6月14日 
第3版完売
2019年7月1日 第4版完売
2019年7月9日 
第5版完売
2019年8月2日 第6版
完売
2019年9月6日 第7版
完売(0時11分)
2019年9月6日 第8版完売(12時10分)
2019年10月1日 第9版完売(0時10分)売出0:00
2019年10月1日 第10版完売(18時37分)売出18:00
2019年11月1日 第11版完売(9時09分)売出0:00
2019年12月1日 第12版完売(0時34分)売出0:00
2019年12月1日 第13版完売(16時27分)売出16:00
2020年1月1日 第14版完売(18時18分)売出0:00
2020年2月1日 第15版完売(15時13分)売出0:00
2020年3月1日 第16版完売(15時15分)売出12:45
2020年4月01日  第17版
完売(0時08分)売出0:00
2020年4月01日  第18版完売(0時28分)売出0:18
2020年4月01日  第19版完売(1時38分)売出1:18 
2020年4月01日  第20版完売(5時41分)  売出5:35 
2020年4月01日  第21版売出 (6時39分) 売出6:30 

【関連記事】
インカム資産のJ-REITにこだわる理由とREITの選び方

レビュー

ガラガラヘビすさまじい利

画像16

嬉しいレビューが多く、このnoteが全note中ナンバー1と言ってくださる方も数多くいらっしゃいます。サポートをいただいたり、感謝のダイレクトメールも多くいただいている記事になります。ただし私の見解など、内容に関係するレビューにつきましては紹介を控えさせていただきます。

なぜJ-REITなのか?

恐らくこの問いに答えられる人はそうはいないと思います。私は投資の3本柱として

米国グロース株(高成長株)+J-REIT+優待株

の方針を自分自身でうちだしていますが、なぜJ-REITを選択したのか?という問いに対する「真の理由」をブログには書いていません。ツイートもしていないし、銘柄も開示していません。故に下記のような質問や問いも出てくるのだと思います。今回はなぜJ-REITを私が選んだのか、その「真の理由」「優位性」について書きたいと思います。①~⑦に関しましては以前より書いており、誰でも読めるようになっていますので、「真の理由」を知りたい人は、①~⑦は飛ばして読んでいただいてもかまいません。真の理由については取材に基づきエビデンスを提示して記載しています。

なぜ?まずはJ-REITの基本からおさらいをしましょう。

①インカムゲイン商品としてのJ-REIT

普段からインカム商品として私はJ-REITを選択しています。何故なのか?これは最初どの商品にすべきか大いに迷いました。米国高配当株、高配当ETF、日本高配当株。色々な投資対象があるなか、選んだ末の結論がJ-REITでした。選択した理由は下記の4点です。

・J-REITは不動産債券故インフレヘッジできる
・J-REITは賃貸収入のある不動産を持つのと同様の効果を期待できる
分配金を出すことを目的とした商品である(インカム資産向き)
・税金が米国株に比べて安い(20.315%,米国株は28.2835%
   →理由は米国株配当の場合現地源泉税として10%が徴収される為

②貴重なインカムゲイン収入

2012年以降、優待株,J-REIT,米国グロース株と3本セットの投資を行うに当たり、J-REITは貴重なインカムゲイン収入となり、日々の収入を下支えしてくれています。より具体的に書くとすると日々の給与所得やボーナスから月額として積み上げられる余剰資金は頑張ってもせいぜい15万円(通常は10万円が限度)前後。その水準を大幅に引き上げてくれています。

J-REITで得た分配金は、J-REITへ再投資する事により資産は雪だるま式に増えていっています。資産収入増は心に平穏をもたらします。今はボーナス資金は米国グロース株。J-REITで得た収益はJ-REITに再投資することにほぼ決まっています。

③雪だるま式に増える収入とJ-REITの魅力

そう。再投資する事が重要なのです。複利で雪だるま式にどんどん資産を増やしていくのがもくろみです。税金分(20.315%)は仕方ありませんが、可能な限り再投資することで、将来得られる収入は増えていきます収入が増えると生活の安定度も増していきます。米国グロース株の大半は配当を出さないですし、収益をそのまま再投資していることが多いので投資効率の面からしたら無配で内部留保や配当に資金をまわさず、投資していくほうが効率は上なのかもしれませんが、投資家からすれば収入増の安心感を得られるという点で、J-REITには無配のグロース株等にはない替えがたい魅力があります。

④複利効果を生かせ!

短期投資と違い長期投資最大の強みは「複利効果を生かす」ことにあります。それ故ある程度お金が増えたら儲かった分投資資本を減資してまた初めからやり直す方法は効率が悪いです。投資の本質はデイトレでもスキャルでもそうですが継続して利益をだす能力を磨くことに尽きます。投資の本質は「勝ち逃げ」ではありません。よくデイトレーダーとかで儲かった分だけ出金して続ける人がいますがあれはデイトレーダーだからこそやってもいい手法なのです。儲かった分減資していたのでは複利効果は永久についてきません。継続して再投資することで生み出される複利効果はとても大きいのです。

⑤インカムゲインの重要性と貯金を取り崩す恐怖

「貯金を取り崩す」ことに人は「強い抵抗と恐怖」を感じます。減るのは誰だって嫌なのです。だからあまり消費しないのだとおもいます。ですが収入がどんどん増えていって減らなくなれば、大概の人は減らない範囲内でお金を使うことが出来るようになります。だからこそ収入増に直結するインカムゲインは非常に重要なのです。インカム資産はとても貴重で給与や年金以外の収入源となり得ます。貯金を取り崩すようだといくらお金があったとしてもあまり楽しくないはずです。投資においてはJ-REITのようなインカム資産は非常に大切だと思います。

⑥資産収入ほど再投資される

実は労働で得た可処分所得から消費に使われる金額はとても多い一方、投資などで得られる資産収入は再投資されることが殆どで、あまり消費されません。お金持ちほど再投資を行う傾向が強いのです。再投資は一見お金を自由に使えませんから無益のようにも思えるのですが、資産収入があれば安心して労働で得た可処分所得を使うことが出来るようになります。

⑦再投資と安定が生み出す心の平安

全体的に見ても、従業員持ち株会や、投信、つみたて・・・資産収入はそのかなりの部分が再投資されています。無論消費に回る部分もあるかとは思いますが、給与所得が生活費になり、余剰資金は再投資されているケースは非常に多いのです。私もそうですし皆様も生活資金と余剰資金(投資資金)は分けているかと思います。「安定が生み出す心の平安」これが案外侮れません。分配金などの不労所得、定期的な副収入は本当に嬉しいですよ。

ここまでが前置きとなります。ここからさらに踏み込んで、今回は「真の理由」についてお話ししたいと思います。

上記で挙げたJ-REITの特徴は下記のとおり

・J-REITは不動産債券故インフレヘッジできる
・J-REITは賃貸収入のある不動産を持つのと同様の効果を期待できる
分配金を出すことを目的とした商品である(インカム資産向き)
・税金が米国株に比べて安い(20.315%,米国株は28.2835%
   →理由は米国株配当の場合現地源泉税として10%が徴収される為

これらの特徴は魅力的ですが、今後高齢化少子化が進行していき、空き家がどんどん出てくる状況をどう見るのか?地質学的リスクはどうなのか??という根本的な問いの答えにはなっていません。その答えを具体的なエビデンスを提示しながら話していきたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 7,490文字 / 画像19枚
記事を購入する

【プレミアム記事】なぜJ-REITなのか?J-REITを中核とした「真の理由」(エビデンス明記)

投資カービィ「一億円への近道」

2,990円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお世話になりありがとうございます!みなさまのご支援で、気持ちよく記事を書くことが出来ます。またこうして文章をお届けできるのは皆様のおかげです。みなさまのお役に立てるような有意義な情報を発信していきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

気に入ってくれてありがとう!
116
不安の少ない未来を過ごすためにはお金が必要です。日本人の金融リテラシーは低く、投資する人自体が少ないうえ騙されて退場する人も多いです。投資は難しいですが、金融リテラシーを身につければ、他人に振り回されることは少なくなります。みなさまの金融リテラシー向上のお役に立てればと思います。
コメント (30)
御解答ありがとうございます。
それらの前兆はどういった手段で調べるかも御教授頂けたら幸いです。

また、どうして暴落が起こったらという質問させて頂いた経緯についてですが、https://youtu.be/AxA21z4Fz0U
こちらの動画を観てから、自分の資産が一度に減ったらとても怖いなと感じまして質問させて頂いた次第です。
前兆は、どっかの地銀がつぶれたとか、地価が下がっているとか、外国人が日本から消えているなど、自分の保有するものに関連するニュースを常日頃から調べておくことです。一番のサインは価格の暴落です。株価には先見性がありますので、ニュースより大概先に動くものです。
また、https://youtu.be/AxA21z4Fz0Uに関してはこの動画の投稿主が金持ちかどうかの裏どりをしましょう。成功していない人の意見を安易に信じるのは危険です。都合のいい情報だけをピックアップしてくれば、捏造などせずともそれらしくなるものです。
分かりました。
貴重なお時間の中、ご回答頂きありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。