株式投資は危ない?
見出し画像

株式投資は危ない?

株ってみなさんどんなイメージをお持ちですか?中には競馬やパチンコのようなギャンブル的に捉える人もいるのではないでしょうか?

でも本当はそんなことないんです!

株式投資はギャンブルではありません。何故なら稼ぐためのセオリーがあり、株価を動かす人の動向を予測して価値あるものを見極める、いわばマーケティング力が試されるものだと思います。

さらに、皆さんが活発な投資活動を行えば企業はより多くの資金を集めることができ、新しいビジネスや商品の開発を行うことができます。そうすると雇用は増え、有効求人倍率は上昇し、従業員への給料も上がるので、社会全体がもっとハッピーになるんですね。

では、そんなことを言っても投資は怖いよという方に僕の考えを説明していきたいと思います。

お金で持ってることって本当に安心?

日本で株式投資が一般的でない1つの要因として、先進国の中でもダントツの現金主義ということがあると思います。

最近は各社がキャッシュレス決済システムのサービスを展開し、PayPayや楽天ペイなど一般に浸透はしてきましたが、コンビニや飲食店でお会計をする人の姿を見るとまだまだ現金で支払いをしている人って多いですよね。(そもそもお店が現金のみというとこも多いですが笑)

本題に戻りますが、お金で持つことが安心と思っている方に質問です。「あなたのお金の価値は今後もずっと一定ですか?」答えはノーです。

お金の価値は日々変動していますよね。為替レートを見てても円ドルのレートなどは毎時間ごとに動くし、物の価値も一定ではないので、相対的にお金の価値が下がる事もあります。

例えば今の50〜60代の方の子供の頃はラーメン一杯数十円という時代もあったのではないでしょうか?それが今では最低でも600〜1000円くらいはしますよね?

つまり、物価が上がればお金の価値は目減りするということです。あいにく今の日本ではこの物価上昇率が金利よりも高くなってしまい、現金で資産を持つことがリスクになっている状況です。

あなたが現金主義だとしたら銀行にある預金残高は数字は一定(雀の涙程の金利はつきますが)ですが価値はどんどん減っていっているという事にまず気づいた方がいいです。

なぜ株式投資がオススメか

ではなぜ現金で資産を持つことよりも株で持った方が良いのでしょうか。その最大のメリットをご紹介します。

お金を自分の為に働かせることが出来る

現金で銀行口座に預金していてもお金はただそこにあるだけで何も機能しません。むしろ物価上昇に追いつけない雀の涙程の金利ではお金の価値は徐々に目減りしていきます。

しかし、株式投資の場合、株価は企業の業績や企業の世間での知名度が上がる毎に上昇していき、僕が何もしなくても勝手に資産価値を高めてくれます。もちろん株価は変動しますから資産価値は増えることも減ることもあります。

ただ僕のnoteは「お金を稼ぎたい!」という想定読者に向けて書いています。「そんなリスクを冒すくらいなら、少しずつ目減りしていく預金残高を見ている方がマシだ!」という方は僕の想定読者ではないのでご容赦ください。

ちょっと前にトマピケティという経済学者の『21世紀の資本論』という本が出版され非常に話題になりましたが、この分厚ーーい本を要約するとこの一言になります。

「資本から得られる収益に労働収益は勝てない」

会社員として、どれだけ頑張って働いても貰える給料は資産家の資産から生み出された収益を超えることが出来ない。ということです。

つまり、お金を稼ぎたい!というゴールがあるのであれば、会社員としてだけ一生懸命働いて給料を貰う。ということは効率的な稼ぎ方ではないということですね。

株主=会社のオーナー

日本の株式会社は所有と経営の分離があるため、会社を運営するのは社長の仕事、会社の所有者は株主ということになります。

株式が、非公開であったりオーナー社長として一族で大半の株をプールしているという場合でもない限り基本的にはこの構図です。

株を持つということはあなたも会社の所有者の一員ということになり、その会社の従業員達はあなた方オーナーに配当金という利益をもたらす為にせっせと働いてくれます。

自分で会社を起業して沢山の従業員を雇い給料を払いながら利益を出していくという事をしなくても株式投資をすれば簡単に企業のオーナーとしての利益を享受できるというわけです。

そう考えると頑張って働いたお金で一念発起して起業をする事よりも株式投資の方がよっぽどノーリスクだと思いませんか?

知らない事は怖い

株式投資を怖い!危ない!という方の大多数は自分で投資を行った経験がありません。

つまり、ただ知らないから怖いのです。

知らないことを怖がると言うのは人間の生命を維持していく上でのある種本能的な事なので変える事は出来ないでしょう。

ただ、株式投資とは何かを本質的に理解すればその恐怖は払拭できます。むしろただぼーっと銀行預金している事に恐怖を感じてくるでしょう。

あなたが、もし株式投資を始めようと周りの人に相談してみようと思うなら、ご自身で株に関しての書籍を読んだり、ウェブでブログなどを見て勉強して理解するということをオススメします。

株式投資を、したことがない人にそのメリットは理解できないはずですからね。ご自身で理解できれば初めてみればいいと思います。

今後は有料記事にてより本格的に実際の運用方法や投資の着眼点、僕が学んできたテクニックについてお届けしていこうと思います。興味のある方は是非こちらも読んで参考にしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うわぁ〜嬉しいなぁ〜あなたステキ♫
某東証一部上場IT企業で働きながら、副業として株式投資・アフィリエイトブログの運営を行なっている31歳サラリーマン。ビギナーズラックで瞬間最大風速的に当時働いていた会社社長の月収を超えたことで株式投資に目覚める。読んだ株関連の書籍は150冊以上。アフィリエイトは種銭作りに活用中。