マガジンのカバー画像

第2回「主観性の蠢きとその宿」

32
三鷹の上演スペースSCOOLで2018年10月13日18時から行われた、いぬのせなか座・連続講義の第2回の記録です。 正式タイトルは第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的… もっと読む
題名と目次を含めて83,909文字です。1字あたりの価格は約0.009円で、2009年にビットコイ… もっと詳しく
¥800
運営しているクリエイター

2018年11月の記事一覧

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part1)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part2)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part3)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part4)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part5)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part6)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part7)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part8)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
3

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part9)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part10)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part11)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
1

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part12)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
2

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part13)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part14)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます