見出し画像

努力は必ず結果を連れてこない

Watanabe Shun

「努力は必ず報われる」 「努力は裏切らない」

このような言葉を一度は聞いたことがあると思います。僕も何度も聞いたことがあります。しかし努力は良い顔だけをしているわけではないと思います。

まず、努力は簡単に裏切ります。自分はとにかく一生懸命やっているつもりでもそれが結果に表れないなんてことはよくあることです。僕は約1年4ヶ月間インテリアコーディネーターの資格試験に向けて勉強をしてきましたが、何度も裏切られてきました。その度に悩み、結果がついてくるようにもがき続けました。

その中で分かったことは、報われる努力と報われない努力の違いはとても簡単なことだということです。その違いとは、なぜ頑張るのかという目的がはっきりしているかどうかでした。努力することが目的であれば、その努力に結果はついて来ない可能性が高くなります。しかし、叶えたい夢がある、何かを成し遂げたいという目的がはっきりしている状態での努力であれば結果はついてきやすくなります。例えば、マラソンをするときにゴールをすることが目的の人と、○分○秒で走るという目的がある人とでは、準備の仕方やペース配分は違ってきますよね。それと同じです。目的がはっきりしていればそれ相応の準備が自然とできるようになります。そしてその結果、努力が報われるのではないか、と思っています。

僕も勉強が苦しくなったときには「なぜインテリアコーディネーターになりたいか」を考えるようにしていました。伸び悩んだときは大体頑張ることが目的になっていて、闇雲に頑張っていた時でした。目的を見失わないことで効率の良い努力ができたと今思っています。そして、約1年4ヶ月間資格の勉強を頑張れました。


長々と書いてきましたが今、これを読んでくださっている方の中にも何かを本気で頑張っている方もいると思います。「大変だな」、「苦しいな」と思うことがあるかもしれません。努力は必ず報われるとは限りません。しかし、頑張った分だけ体は覚えています。そして、頑張った分だけ「これだけやったから」という自信になります。結果がついてくるか不安になる事もあると思います。ですが、頑張らなければ道は開けてきません。大丈夫です。なんとかなります!

この記事が参加している募集

スキしてみて

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!