ながら

【和歌で学ぶ古文3】あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

今回紹介する和歌は、「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」という和歌です。 この和歌の作者は、万葉集時代で最も優れた歌人として評…

【和歌で学ぶ古文2】春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香久山

今回紹介する和歌は、「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香久山」という和歌です。 作者は持統天皇で、以前紹介した「秋の田の」の作者、天智天皇の皇女…

【和歌で学ぶ古文1】秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣では 露にぬれつつ

本日紹介する和歌は、「秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣では 露にぬれつつ」という和歌です。 作者の天智天皇は、あの大化の改新で知られる、中大兄皇子と同…

自賠責保険アウトプット

今回は自賠責保険のアウトプットです。 名前は聞いたことがありますし、車を買う際には必ず加入しなければならないことも知っていますが、どういう仕組みで、どのような保…

トークいらずの営業術アウトプット

今回は『トークいらずの営業術』という本のアウトプットです。 この本は、メンタリストのDaiGoさんの著作で、文庫化もしているビジネス書です。 トークが苦手なのに営業…