【風景と音楽3】恐竜と共にチェアリングの可能性を探る。
見出し画像

【風景と音楽3】恐竜と共にチェアリングの可能性を探る。

こんにちは、いのプロ2期生の三浦尚悟です。
長岡市地域おこし協力隊の活動の中で、風景とのその視点場の魅力を発信す流ために「チェアリング」を行なっています。今回は、長岡市の与板にあるたちばな公園でチェアリングを行いました。

チェアリング場所

チェアリングした場所は、小島谷駅から車で10分走らせたところにある「与板河川緑地 たちばな公園」です。
今回は、一つの場所にとどまることなく、公園内のいろんな場所でチェアリングを行いました。

チェアリング感想

川が横に流れていて、どこに行っても風が心地よい公園でした。
川に沿うように作られた大きな公園で、チェアリングできそうな場所がたくさんありました。

画像3

川沿いで座っていると、川と車が流れる様子をみながらチェアリングができます。

画像2

公園の中には恐竜もいたので、恐竜の横でチェアリングをしました。
座っていたら、下校していた子供たちに「何してるの?」って聞かれたので、チェアリングのことを説明しました!

画像1

岩?の遊具の中は、大人ひとりが座るくらいの広さで、映画やpc作業など一人で集中したい時はぴったりだと思います。

他にも公園の中には、いろんなチェアリングスポットがありました。みなさんも、近くの公園で自分だけのチェアリングスポットを探してみてください!

その時聞いた音楽

音楽を聴きながらチェアリングをしていたのですが、特にその場所にしっくりきた音楽は恐龍的皮の『All My Friends Are Dead 』です。
台湾の恐竜バンドが奏でる夢のようなポップサウンドを聴きながら、近所にいる恐竜と共ににチェアリングしてみてはいかがでしょうか。

次はどんな風景と音楽に出会えるかが楽しみです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝します
長岡造形大学大学院イノベーションデザイン領域 × 長岡市 地域おこし協力隊で活動中。 長岡市内の各地でチェアリングを行っています。 茨城→福島→滋賀→新潟(長岡)