見出し画像

「一杯飲もう♪」がなくなった現実、飲みの席に集まっていた仲間たち

人生にはさまざまな時期があります。勉強や仕事をがんばっている時、何故か異性にモテモテな時、友達や恋人がいなくて寂しい時、挫折して弱りきっている時・・・。

そして、その時の状況によって、関わる人間関係が変わり、個人的な趣味嗜好、生活習慣までもがガラリと変わるから不思議です。

「あの頃はよく飲んでいたな・・・」

自分が思い描く世界を求めて、毎日がむしゃらにがんばっていた頃を振り返ると、そこにはいつも「仲間とお酒を楽しむ」ことが、セットになっていたように思います。

無条件にワイワイ楽しめる“酒の席”があったからこそ、平凡な毎日でもワクワク感を覚え、明日への活力になって、さまざまな物事を乗り越えられきたのでしょう。

みんなが集まることが少なくなった今、そんな過去を思い出すと、ふと哀愁すら感じるのですが・・・。過去の思い出をつまみにして「今を楽しむ」ことが、今はベストな在り方なのかなと感じる今日この頃。

仕事とお酒でつながった仲間たち

お酒の席では、性別や年齢、学歴やキャリアなどは関係なくて、みんな「ただの人間」でいられるから不思議。
経歴なんて薄っぺらい壁を容易に超えて、「魂のつながり」を感じられる憩いの場。

飲みの席に集まる仲間には・・・。
海外生活から戻ってきた青年、虐待を受けてきた若い女性、会社役員の旦那を持つマダムなど。
実にさまざまな生い立ち・生き様があって、年齢もピンからキリまで幅広いメンツ。

成人を迎えたばかりの子から定年まじかのおじさんまで、お酒の席ではみんなが仲良くなれたものです。

共通点は、「仕事が一緒」「近所に住んでいる」ただそれだけ。

仕事や家庭の悩み、好きな人の話、将来のことなど、他愛もない話を繰り広げながら、それぞれが自分の立場から意見を交わす。会話をつまみに、美味しいご飯とお酒で気持ちよく酔いしれて、「また明日!」の繰り返し・・・。

何か特別なことを話すワケではないけれど、ストレス発散や癒しになっていたのは確か。お酒が苦手な人は、ジュースを飲みながらしらふで参加することも。

要は、
みんなつながっていたいのです・・・。
「飲みに行こう!」という言葉を理由にして、無条件に集まることができたのです。

「みんな友達!」になれる飲みの席

飲みの席では、日頃着けている“鎧”や“仮面”を全て脱ぎ捨てます。“世間体”という安っぽい皮を剥いで、生身の人間として本音で語り合えるのです。

食事とお酒を共にして仲が深まると、結果、仕事にも良い影響を与えます。仕事で深い協力関係・信頼関係が築けたのは、プライベートでも関りを持てたからこそ。

意見や考えなどバラバラだった者たちが、飲みの席でこころを「1つ」にする・・・。特別な条件や資格は必要なくて、ただ「楽しい時間を過ごしたい」という気持ちを共有するだけ。

仕事と仲間とお酒はセット!
仕事だけではつまらない・・・。
仲間がいても生きていけない・・・。
飲むだけの毎日じゃダメでしょう・・・。

一生懸命働けたのは、仲間と飲み明かしながら絆を深め、協力関係・信頼関係が築けたからこそ。

友達や恋人、仲間はいなくても生きていけるけど、やっぱりいた方が2倍にも3倍にも楽しくなって、人生が豊かになる・・・。
お酒がなくても生きていけるけど、これまたあった方が人生に彩りを与えて華やかになるものです。

「酒は飲んでも飲まれるな・・・」
これを教訓にしながら、楽しい毎日が過ごせたらなぁと。

ハレの日に静かにたしなむ

今まで、甘いカクテルやワインなどを好んでいたのが、苦いビールを美味しいと感じられるようになったのは、人生の挫折を知ってから。
この“ほろ苦さ”が、傷ついた心にやさしく潤いを与えてくれます。

人生に完敗した自分に、自宅で静かに乾杯です・・・。

毎日飲んでいた飲酒習慣も、人生の紆余曲折があって、今では「ハレの日」だけにと意識が変わりました。

みんなでワイワイ飲むお酒も楽しいものですが、「家で静かに・・・」というのも、これまた大人の贅沢な時間です。

~諸行無常~
人は変わります。そして、時代も変わります。その時々にしか経験できない、「自分なりの楽しみ」を見出して、今を充実させていけばいいのです!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
ゴシップ・ニュース・エンタメ・日々の雑談など、小っちゃくボヤいています(笑)。 一期一会の出会いを大切に◎メインサイト「INmari」https://inmari.link ◎もよろしく! 心理学や哲学、スピリチュアルな要素を含め、恋愛や結婚、人間関係など幸せのヒントを提供中!!