見出し画像

歌人・工藤吉生さんの短歌作品がまとめられたマガジンが書籍化!『世界で一番すばらしい俺』が発売されました

note公式

noteで工藤吉生さんが連載した「工藤吉生note歌集」が『世界で一番すばらしい俺』として、短歌研究社から発売されました。実体験を短歌の五七五七七に昇華させた一冊です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『世界で一番すばらしい俺』

2018年短歌研究新人賞受賞の第一歌集。
校舎から飛び降り、車にはねられながらも、生きながらえる。

「おかしないい方になるが、高度な無力感が表現されている。」──穂村弘

「人間性が色濃く表れた作品です。黒ずみにちょっとかけてみましょうよ。」──加藤治郎
(短歌研究新人賞選考座談会より)

著者・工藤吉生さん
1979年千葉県生まれ。宮城県黒川高等学校卒業。2011年 枡野浩一編『ドラえもん短歌』(小学館)で短歌に興味を持ち、インターネットを中心に短歌を発表し始める。短歌結社「塔」を経て、2015年より「未来」所属。2017年「うしろまえ」(20 首)未来賞受賞。2018年「校舎・飛び降り」(50 首)第8回中城ふみ子賞次席。5月17日、車にはねられる。この日に投函した「この人を追う」(30 首)が第61回短歌研究新人賞受賞。宮城県在住。愛猫の名はアリス。
note:https://note.com/mk7911 Twitter:@mk7911

著者・工藤吉生さんのコメント

短歌は俳句とよく間違われますが、短歌は57577で季語はなくてもOKです。
2011年から作ってきた短歌作品を、選びぬいて『世界で一番すばらしい俺』という一冊にまとめました。

高校生の頃に失恋して自殺未遂した経験を短歌にした「校舎・飛び降り〈50首〉」をはじめ、自動車事故を描いた「車にはねられました〈10首〉」、短歌研究新人賞(という短歌の新人賞があるんです)を受賞した作品などを収録しました。

noteではマガジンの機能がとても便利で、作品をまとめて管理するために活用させていただいてます。有料記事もかんたんに作れて重宝しています。

書籍情報

画像1

書名:世界で一番すばらしい俺
著者:工藤吉生 
発行: 短歌研究社
ISBN-10 : 4862726445
ISBN-13 : 978-4862726445
定価:1,527+税
判型:単行本 
頁数:136頁

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
note公式
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。10月はnote CREATORFES開催中! 編集部アカウント : https://note.com/notemag || イベントアカウント : https://note.com/events