新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

作家・岸田奈美さんのnote『もうあかんわ日記』が書籍化!ライツ社から5月31日に発売

note公式

noteで岸田奈美さんが連載していた『もうあかんわ日記』が、ライツ社より5月31日(月)に発売されます。発売を記念して、6月29日(火)に母である岸田ひろ実さんとのトークイベント「家族が幸せになるための最適解〜岸田家の場合」をライブ配信します。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『もうあかんわ日記』

父は他界
弟はダウン症
母は車いすユーザー、からのコロナ禍に生死をさまよう大手術
間におじいちゃんの葬式が挟まって
ついには、おばあちゃんに異変が
ーー残された長女(作家)にすべてのタスクは託された

次々におそいかかる「もうあかんわ」なラインナップ

なのにどうして、こんなに面白い文章が出来上がってしまうのか
読んでる側はいったいなんで、こんなに救われてしまうのか!?

【人生は、一人で抱え込めば悲劇だが、人に語って笑わせれば喜劇だ】

3月10日から4月15日までの岸田奈美のnoteに書かれた、泣けて笑える祈りの日々
放った言葉を本人の手で見事に体現した、読後、拍手喝采のエッセイです。

▽2020年にも『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』として書籍化されています。

著者・岸田奈美さん
作家。1991年生まれ、兵庫県神戸市出身、関西学院大学人間福祉学部社会起業学科2014年卒。 在学中に株式会社ミライロの創業メンバーとして加入、10年に渡り広報部長を務めたのち、作家として独立。 世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバルシェイパーズ。 Forbes 「30 UNDER 30 JAPAN 2020」「30 UNDER 30 Asia 2021」選出。 2020年9月初の自著『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』(小学館)を発売。
note:https://note.kishidanami.com/ Twitter:@namikishida

著者・岸田奈美さんのコメント

「このまま1人で抱えとったら、もうあかんわ」
そんな経緯で始めたのが、この『もうあかんわ日記』です。

読んでくれる人がいるだけで、語る意味ができる。悲劇を書けば書くほど、喜劇になっていく。
もうあかんので。あかんくなる前に、助けてほしくて、書き続けました。ネットという大海の、noteという孤島で、名前も顔も知らない人たちに「夜9時になったら、毎晩ここで集合」と伝え、公開し続けました。いま読み返しても、こりゃもうあかんわ、と1人でつぶやきたくなる。でも、書くことでわたしはたしかに、救われていた。

だれかに笑ってもらいたくて書いた日記は、だれよりわたしが笑うための大切な作業になった。

もうあかんわと思っている、すべての人に、届きますように。

刊行イベント

出版を記念して母である岸田ひろ実さんとのトークイベントをライブ配信します。

「家族が幸せになるための最適解〜岸田家の場合」
【配信日時】6月29日(月) 20:00〜21:00 ※配信時間は延長になる可能性があります。
【視聴方法】note公式YouTubeおよびnote公式Twitter(@note_PR)
【参加費用】無料
【詳細URL】

書誌情報

画像1

書名:もうあかんわ日記   
著者:岸田奈美       
発行:ライツ社        
定価:1,650円      
ISBN-10:4909044302  
ISBN-13:978-4909044303
版型:四六判
頁数:320頁     


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
note公式
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や新機能(カイゼン)を紹介します。 編集部アカウント : https://note.com/notemag || イベントアカウント : https://note.com/events