見出し画像

午後の紅茶とnoteがコラボして、「#紅茶のある風景 投稿コンテスト」を開催します!

いつもnoteをご利用いただき、ありがとうございます。

11月1日、紅茶の日にちなみ、「午後の紅茶」とnoteがコラボして、#紅茶のある風景 についての投稿コンテストを開催いたします。

みなさんにとって、紅茶にはどういうイメージがありますか?

くつろぎのシーンや、ほっと一息つきたいとき、気分をリフレッシュしたいときに紅茶がふさわしい、という方もいらっしゃるでしょうか。食事のおともに、お出かけの際に、つい紅茶を選んでしまうこともあると思います。自分なりの、紅茶のある風景をイメージいただき、noteで作品を投稿ください。

また、ふだん紅茶を選ばない方からの投稿も、とても楽しみですし、これを機に、本格的に紅茶を淹れてみたり、紅茶の文化や歴史について学んでみるのも、おすすめです!アイデア溢れる投稿をお寄せください。

紅茶にまつわる素敵なエピソードを、文章や、イラスト、マンガなど、自由にお書きください。フィクション・ノンフィクションも問いません。

投稿の際にはハッシュタグ #紅茶のある風景 をつけて投稿ください。入選された方には、賞金と午後の紅茶 ストレートティー 1ケース(500mlペットボトル×24本)をお贈りいたします。

コンテスト開催にあたって、noteクリエイターのとみこさん、森もり子さん、しゅうともさんに、お手本作品の制作をお願いしました。ぜひご覧いただき、投稿をする上での参考になさってください。

コンテストの詳細を以下、記載いたします。

■スケジュール
応募〆切:2018年12月2日(日)
発表:2018年12月下旬予定

■募集作品
紅茶のある風景 というテーマで、noteの投稿をお待ちしています。マンガやエッセイ、イラスト、小説など、自由にお書きください。形式は問いません。フィクションか、ノンフィクションであるかも問いません。応募段階での人気の度合いも審査の対象となります。

■応募方法
noteでハッシュタグ「#紅茶のある風景」をつけて投稿してください。応募の際は「無料公開」で公開してください。

■審査員
有賀薫(スープ作家)
大西進(紅茶屋 teteria 店主)
とみこ(cocorone 編集長)
・加藤貞顕(ピースオブケイク/編集者)
・キリン 午後の紅茶 ブランドチーム

■ 賞金
グランプリ(1名様)賞金10万円
準グランプリ(1名様)賞金5万円
審査員特別賞(5名様)賞金3万円
入賞(10名様)賞金1万円
※入賞者には、午後の紅茶 ストレートティー 1ケース(500mlペットボトル×24本)が進呈されます
※入賞作品は、午後の紅茶 ブランドサイトにて紹介させていただきます
※入賞者のうち、希望者は、note運営によるnote利用コンサルタントを受けることができます

■午後の紅茶とは
今でこそペットボトル入りの紅茶は身近な存在ですが、実は1986年にデビューした「午後の紅茶」が日本初のペット入り紅茶でした。「日本にも紅茶の本場イギリスの習慣を根付かせたい」そんな思いを込めて、英国の習慣であるアフタヌーンティーに由来した「午後の紅茶」がネーミングとして採用されました。
サイトURL :https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/gogo/index.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキへのリアクションメッセージは、アカウント設定で追加できます👆
449
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」こと。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 noteにまつわるヒトの紹介 : https://note.com/notemag |noteのイベント情報 : https://note.com/events