見出し画像

所有意識の手放し

所有とは、自分のものとして
持っていることを意味する。

自分にとって、本当に大切なことを
知らないのは、所有意識が強いからである。

自分が努力して手に入れたモノやコト、
思い出深いコトやモノ。
これらを大事と感じ、ずっと所有していたい。
この意識が、本当に大切なことを
見失わせている。

所有意識を手放す。
執着を手放す。
でも、実際、それらを所有しているだけで、
安心安定を感じられるから、
手放すことほど恐いことはないんだ。

であるのに、人生では、ある日突然、
無理やり、引き剥がされるように、
所有意識の手放しを
強制される時がくる。

とっても恐い経験であるが、
失ったように見えて、
大切なことをに気づく経験だったりするんだ。

自分らしいライフスタイルの確立は、
どうやら所有意識を手放すことから、
スタートする。
そんなふうに感じるんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます✨うれしいです😁
3
札幌にて15年間中学校教師として勤務。青年海外協力隊参加を機に退職、ウガンダ共和国にて2年間、青少年に野球指導を行う。指導したウガンダ高校生は、2008年に札幌ドームでの親善試合に招聘された。著書に「日本人という生き方」が ある。㈱インディヴィジュアル 代表取締役
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。