見出し画像

billie eilish(ビリーアイリッシュ) のファッションについて

今日はbillie eilishのファッションについて書いていきたいと思います。私もbillie eilishが着ている服には前から興味があり、一時期調べていました。

wikipediaによると2001年12月18日カルフォルニア州ロサンゼルスに生まれました。私が初めてbillie eilishを知ったのは、約2年前でした。その時自分と同い年でこのオーラ、ファッション、美貌、曲の歌詞、そして歌唱力、どれも自分と同い年に見えなくて世界にはすごい人がいるなぁと感じたのを今でも覚えています。billie eilishの父は俳優、母は俳優兼作曲家、兄はバンドで作曲、演奏やプロデュースをしていたらしいです。その兄の姿を見て11歳で作曲し始めたと書いてあります。billie eilishがここまでこれたのも周りの環境があったからこそなのかもしれませんね。

billie eilishの生い立ちはさておき本題のファッションについてここから書いていきたいと思います。

画像1

まずはこちらですね↑

スニーカーは皆さんご存知だと思います。off white(オフホワイト)のair force1です。スニーカー以外は知らない人が見るとGucciに見えるんじゃないでしょうか?ですが違います。こちらのGucciに見える服は全てimran potato というブランドでこの記事のイメージ画像に使った写真で着用しているのもGucciと思いきやimran potatoです。掘り下げてみるとbootleg(ブートレグ)というもので、1980-90年代にハイブランド品が買えない中間層や貧困層を中心にコピー品を作ることが流行していました。Gucciのほかにもdior(ディオール)やChanel(シャネル)のbootlegも有名です。中でも有名なのがハーレムのテーラー、dapper dan(ダッパーダン)です。ですが人気とはいえやはり違法なので1992年にやむを得ず閉店。ですが2017ssGucciがこちらのデザインのteeを発表します。

画像2

皆さんも見たことがあるんじゃないでしょうか?発表されてから当時のブート品が流行り始めてimran potatoというブランドが出てきました。やっぱり流石のbillie eilishは着る服も違いますね。

画像3

次はこちらです。skoot(スクート)というブランドです。

skootとはこのようなブランドです。スクート(SKOOT)はオーストラリア人のデザイナーと
アメリカ人・韓国人のアーティストの3人で担うNEWコリアブランド。『ファッション×アート』をルーツにした
ハイストリートなデザインに、彼女達のアートの感性が加わり、
大人が着ても完成度の高いストリートブランドです。単なるファッションブランドとは思えないアート性のあるインスタグラムはフォロワー数が急上昇中。2016年スタートで始まったばかりのブランドですが、
世界のファッショニスタからは既に注目を集め、
SITA ABELLAN(モデル)やA$AP Rocky(ラッパー)なども着用し、
本人達のSNSにも多く掲載されています。他にもjustin beiber(ジャスティンビーバー)も着用していたりと、注目のブランドです。

それとbillie eillishがなぜここまでオーバーサイズ(大きい服)を着るかというとこのようなことを言っていました。

「私のすべてを、世界に知られたくないんです。だから、大きめのダボっとした服を着ているの。この服の下に隠れているものを見たことがなければ、誰も意見を言うことができないでしょ。『ビリーは良いカラダをしてる』、『ビリーの体型はいまいち』、『お尻がない』、『お尻が大きい』とか、誰も言えないんだよ。だって、知る由もないから」

深いですよね。自分だったらかっこいいからとかhiphopのカルチャーが好きだからとかしかでできません。ですがbillie eilishの服装はかっこいいですよね。サイズ感といい配色といいバランスが整っていてbillie eilishだからこそ似合うといった感じで独自の世界観を生み出しているのがすごいです。同い年なので自分も負けていられません。ということで今日はここまでにします。まだまだbillie eilishは色々な注目ブランドを着ているので好評でしたらまた載せたいと思います。

良ければwearもやっているので覗いていってください!

ID   ikuwa193

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
6
文章を書くのは苦手ですが服はすごく好きなのでnoteを通して皆さんにファッションを広めていけたらなと思います。

こちらでもピックアップされています

スタイリストを目指す専門学生のブログ
スタイリストを目指す専門学生のブログ
  • 10本

ブログ初心者ですがファッションについては自信があります。なのでブログを通して皆さんにこれから発信していきたいと思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。