見出し画像

【帰国子女教育】塾か家庭教師か

帰国子女教育において塾と家庭教師どちらがいいのか?
よく聞かれます。

本日は塾講師&家庭教師歴22年!の私の意見を述べさせて頂こうと思います。


塾のメリット

もちろん目的や生徒の個性によっても違いますが、塾のメリットは
やっぱり仲間ができること。
例えば、海外在住の子ども達であれば現地校へ行きながらなぜ日本の勉強もしなければならないのか?といった疑問を抱くことも多いと思います。

そんな時、塾でともに学ぶ仲間と交流することで、仲間意識が芽生え、勉強のモチベーションにつながることも。

塾のデメリット

逆に、塾を選択した場合は塾のペースに合わせて自分を持っていかなくてはいけないので予習重視(こちらは後日詳しく記事にします)で、遅れをとらないようにそのカリキュラムにのっかっていく必要があります。現地校の宿題や習い事に加えて、塾の予習、復習となると子ども達にとって大きな負担になってしまうケースも。

家庭教師のメリット

家庭教師のメリットは家に来てもらえるという意味で時間短縮になること、そして自分の進捗具合に合わせて勉強ができることです。

今はオンラインでの指導などもあるので、より柔軟なスケジュールを組むことも可能です。

家庭教師の先生に技量があればその場でリクエストに応えてもらうこともできます。

家庭教師のデメリット

ただ、家庭教師にもデメリットはあります。

家庭教師を選択した場合はどうしても競争心が少なくなって、マイペースになりがち
他の子の意見が聞けない分、視野が狭くなりがちなのでご家庭がサポートする必要があります。

また、定期的に大手塾の公開テストなどを受験することで偏差値や自分の位置を把握する必要があります。


家庭教師?塾??
よく聞かれることなので、さっくりと私見を述べさせて頂きました。

当塾では子供たち一人一人の特性に合わせ、家庭教師オンラインでの個別指導の紹介も行っております。

お悩みでしたらぜひご相談ください。

***
IMR Educationでは随時生徒を募集しております。
当塾では、主に小中学生を対象とした塾事業、未就学児向けのプレガウディア教室(日能研・河合塾プロデュースの教材を使用)、英会話教室、家庭教師派遣事業(スカイプ・レッスンを含む)を展開しています。
<お問い合わせ>
info@imr-education.lovepop.jp
(+44) 07983-979-919

***

©︎2020 IMR Education Ltd.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事が気に入ったらぜひサポートお願いします。 IMR Educationは、ロンドンに住む日本人子女向けの学習サポートをしている塾です。塾へのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

スキありがとうございます!
7
イギリスの教育や帰国子女の中学受験などについて書いています。 *IMR Educationは、ロンドン・Swiss Cottageにある日本人子女向けの塾です。 http://imr-education.lovepop.jp/