見出し画像

スタッフ紹介 #堀光希(ほりこーき)

IMPRO KIDS TOKYOは、個性豊かなスタッフがワークショップ運営に関わっています。
代表のりな・まいきーが、「自分の子どもをこの人に預けたい」と思える人にお声がけし、子どもたちに関わってもらっています。
そんな素敵なメンバーを、スタッフ紹介マガジンにて紹介していきます。

---------------------------
堀光希望(ほりこーき) Koki Hori

iOS の画像 (4)


―子どもたちと関わる時に大切なことは何ですか?

子どもたちを先生だと思っています。僕も修行中なので、ワークショップをやるにしてもパフォーマンスをやるにしても先生たち(子どもたち)からインプロについて習いに行く感覚を持っています。

—なんで教育の活動を始めたんですか?(原点)

僕はいろんなことを学びたいし、いろんな世界をたくさん知りたいです。
そうやって何かを学んでいく時には仲間の存在が不可欠なので、一緒にいろんなことを楽しく学べる友達が欲しいっていうのが根源的なモチベーションかなと思います。
もし興味が重なったら、学び友達(マナトモ?笑)になってください笑


ー簡単な経歴を教えてください。

愛知県一宮市出身。東京学芸大学 教育学研究科 総合教育開発専攻 表現教育コース卒業。修士(教育学)。
2013年よりインプログループである「即興実験学校」にてインプロ(即興演劇)のパフォーマンスをはじめる。
2017年には東京・大阪・愛媛を周り「3人インプロ」としてツアー公演を行う。
現在はミテモ株式会社にてインプロを用いた社会人教育を行う傍ら、「IMPRO Machine」という団体でインプロの研究・パフォーマンス・ワークショップを行なっている。

ー自分に3つハッシュタグをつけるとしたら?

#インプロ研究 #カラオケ好き #サラリーマン

ー通ってみたい方に一言

僕は何よりインプロに興味を持ってくださる方のお話を聞くことが大好きなので、興味を持った背景や、皆さんの思いをぜひお聞きしたいですし、たくさんディスカッションしてみたいです。
何よりインプロへの多角的なご意見など伺えることができたら天に昇る思いです!

Twitterアカウント;@horikokiatn
即興実験学校;http://improlabo.net/
IMPRO Machine;https://impromachineballoo.wixsite.com/impro-machine/about
ミテモ株式会社;https://www.mitemo.co.jp/https://www.mitemo.co.jp/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
はくしゅ!
2
IMPRO KIDS TOKYOは、日本の子どもたちや教育現場で「答えを与えられるのではなく、仲間と協力し答えを作っていく」体験を届けたいという想いから2018年6月に発足しました。即興演劇(インプロ)の専門知識や経験をもとに、東京・千葉・神奈川・茨城でクラス展開しています。

こちらでもピックアップされています

スタッフ紹介
スタッフ紹介
  • 14本

IMPRO KIDS TOKYOにはたくさんのスタッフが関わっています。 noteの記事の中にも登場するスタッフそれぞれが、どんな気持ちで、どんな背景でこの活動に関わっているのか。 読者のみなさんにも伝えていきたいと思います!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。