全て僕らの一部だった



*****

Kへ

別れてから1年以上が過ぎて
やっと当時のことを思い返せるようになりました。

今思えばいつも私に優しく
どんな時も私を受け入れて
いつも大好きでいてくれたね。

本当にありがとう。そして本当にごめんね。

どうか元気で幸せな毎日が送れることを心から願ってます。

*****


彼との日々を思い出した


画像1


鞄の中から赤いキーケースを
取り出して、家の鍵を開けた

真っ暗な玄関で靴を脱ぎながら
電気のスイッチを手探りで探す

この家に引っ越してから1年半
前の家ではすぐに見つけられた
電気のスイッチも
この家ではいつも見つけられなくて
少しこの家が嫌いになっていた

やっと点いた明かりが
誰もいない静寂なワンルームを
照らしている


同棲していた彼と別れてから2年が経った


一人暮らしってこんなに寂しかったっけ?
と疑問に思うほど、彼と別れてからの
一人暮らしは毎日孤独に感じていた


深い溜息をつきながら
さっき買ったコンビニ弁当を取り出して
レンジで温めることもしないまま
冷たいご飯を口に運んだ

いつの間にか大好きだった料理も
しなくなり、コンビニ弁当で
済ますようになっていた

キッチンの前にすら
立たなくなっているなぁ

と、ふとキッチンの方に目を向け
私の料理を本当に美味しいと
嬉しそうに頬張っていた
彼のことを思い出した


ずっと忘れられない3年間


画像2


彼がまだ大学生だった頃に出会い
私たちは4年間付き合った

付き合ってから4年目
彼のことが本当に大好きだった私は
「ずっと一緒にいたい!」
と花束を渡しながらプロポーズをし
結婚を目前にしていた

自分からプロポーズしてしまうほど
彼に想いが募ったのは

この続きをみるには

この続き: 3,391文字 / 画像2枚

全て僕らの一部だった

saki(secondrate)

500円

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
saki(secondrate)

宜しければサポートお願いします。あなたのその想いで私は救われます。これからも紡ぐ言葉や音があなたの心に響いますように。

ありがとうございます!良かったらシェアもお願いします。
13
secondrateというバンドで歌をうたってます。 ここでは歌の元となったエッセイを公開中。 あなたの心に残りますように