見出し画像

想像力みがき塾 第0回:「塾スタートに向けて〜タカノとアヤノの想像力バトル」開催しました

4月19日(日)7時30分から、『高野登 想像力みがき塾 第0回:「塾スタートに向けて〜タカノとアヤノの想像力バトル』を開催しました。

この中で出てくる高野塾長の10の問いかけは以下になります。

①この世でいちばんかわいそうな人は、目が見えていても〇〇〇〇が見えていない人だ。
②言葉は行動を決め、心の持ち方を決める。そして心の持ち方が〇〇〇を決める。
④人生で大事なことは、自分がどこにいるかということではなく、自分は〇〇〇〇〇〇〇〇ということだ。
⑤ヨットの行き先を決めるのは、風向きではない。〇〇〇〇〇である。
⑥時間の使い方の下手なひとの口ぐせは「〇〇〇」である。
⑦人生の最大の悲劇は、目的を達成しなかったことにあるのではない。人生に〇〇〇〇〇〇〇ことにある。
⑧蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに〇〇はない。
⑨あなたが倒れたことはどうでもいいのです。私はあなたが〇〇〇〇〇に関心があるのです。
⑩難しいのは新しいアイデアを受け入れてもらうことではない。〇〇〇を忘れさせることである。

これに答えはありません。
あえて一例を挙げると以下になります。
①未来の夢
②未来
③ありません(^^;)
④どの方向に向かっているか
⑤帆の張り方
⑥時間が足りない!
⑦目的を持たなかった
⑧近道
⑨立ち直るかどうか
⑩古いアイデア

さて、みなさんの答えはどうなりましたか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
人とホスピタリティ研究所代表。元リッツカールトンホテル日本支社長