見出し画像

南麻布のシドニー流コーヒースタンド「NtS Coffee」で幼なじみのマノが似顔絵ドローイングイベントを開催したお話。


いま南麻布でひそかに話題を呼んでいる「N t S coffee(エヌティーエス・コーヒー)」というコーヒースタンドがある。

場所は、麻布十番駅から徒歩12分、白金高輪駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅地の中で、まわりにカフェはおろか飲食店はほとんどない。本当に何もないところだ。

オーナーのNakamura Yosukeさん(@YosukeN10)はシドニー在住。2018年夏の開業以来、シドニーと日本を行ったり来たりしている。独自のコーヒー文化が根付くシドニーのコーヒーとそこに集まる人々のコミュニティの在り方を日本に広めたいという理由からここ南麻布にコーヒースタンドをオープンした。


Yosukeさんの太陽のような明るさと笑顔はお客さんの心をつかんで離さない。麻布住民の私も一常連として通わせていただいているからわかるが、コーヒーとYosukeさんを始めとしたスタッフの皆さん、他の常連さんや常連さんが連れてくるワンちゃんたちに癒されに行っているようなものだ。

オープンからまだ1年も経たないN t Sにはご近所の住民たちを中心に、既に南麻布コミュニティが形成されているから驚きだ。ご近所住民はもちろん、周辺に勤務するビジネスパーソン、近くのインターナショナルスクールに通う外国人の生徒やその家族・先生たち、SNSでお店の存在を知って遠方から訪れる人たちまで客層は国籍問わず老若男女幅広い。

熱烈なファンとして、お店で焼いている”砂糖を一切使わないマフィン”が絶品なのでオススメしておきたい。ちなみに、個人的にいちばんのお気に入りはチョコレート味

最近では多様なクリエイターとコラボイベントの開催、シドニーのアイテムを扱うECサイトのオープン、「CAFE PASS(カフェパス)」と呼ばれるコーヒーサブスクリプションサービスの導入リアルとWEBを掛け合わせながらN t Sブランドの幅を着実に広げている。

☞ N t S coffeeのECサイト

☞「CAFE PASS」N t S coffeeのページ

地域ビジネスに少なからず携わっていたものとして、見知らぬ地域・コミュニティに入り込み、事業を興して信用を勝ち取り、ファンを作り上げていくことの難しさは非常によくわかる。N t Sがたった1年足らずで、しかも元々そこまでご近所同士のコミュニティが築かれていなかった高所得層の多い南麻布の住宅地で実際にここまで浸透しているのは彼らの実力に他ならない。

お店の前を通り行くN t Sのお客さんは店内に向かって笑顔で手を振ってあいさつをしていくし、外出先から戻ってお店に寄れば「おかえりなさい」と迎え入れ、逆にどこかに外出するときには「いってらっしゃい」と送り出してくれる温かさがある。しかし、彼らは決して特別なマーケティング戦略を駆使している訳ではない

お客さん一人一人の名前(パートナーやお子さん、ペットの名前まで)をきちんと覚えて名前で呼びかける。お店の前を通る人びとと目が合ったら笑顔であいさつする、などコーヒーやマフィンの味はもちろん、お客さんをただのお客としてではなくひとりの人として接する細やかさ、丁寧さ、温かさによって評判が評判を呼び、口コミでここまでになっている

オーナーのYosukeさんの”一人一人のお客様と向き合いシドニーのコーヒー文化の魅力を伝えながら会話を重ね、その時間や繋がりを大切にする”というシンプルかつ最も重要な想いがお客さんに確実に伝わっている結果なのだろう。

お店またはブランドをベースに地域毎、店舗毎のリアルコミュニティを築くこと。さらにITテクノロジーを使ってお客さんとオンラインでも繋がってゆくこと。この2つがこれから店舗ビジネスが生き残っていく鍵だ。当然これはマニュアル化した大手カフェチェーン店にはできないだろう。自由度のある個人経営のカフェでもできていないところがほとんどではないか。

Yosukeさんとこれからの店舗経営、ブランド経営の在り方を話すことがしばしばあるが、彼は常に先を見て打ち手を考えているのがよくわかる。しかし、お店を急拡大させることはないだろう。まずは目の前のお客さんとの関係性づくりを大事にしながらタイミングを見計らって少しずつ広げていくのが彼のやり方だ。そう、彼は戦略家であり起業家なのだ。

さて、店舗のリアルコミュニティ形成、 WEBテクノロジー・サービス戦略、話したいことはたくさんあるが長くなりそうなので、これらについてはどこかでまた説明できればと思う。


そんなN t Sで私の小中学校の幼なじみのイラストレーター マノ(@no_9_no_)が似顔絵ドローイングイベントを開催した。

マノは「Palette(パレット)」という”多様性×インタビュー”をテーマにしたWEBメディアで漫画イラストを担当する傍ら、クリエイターとしての活動の幅を広げ始めたところだ。今回たまたま麻布の我が家に遊びに来たときにN t Sを紹介したご縁でイベントを開くことになった。


イベント当日はお天気にも恵まれて、お店はマノの似顔絵イラストとコーヒーを待つお客さんで溢れていた。

スキマ時間を狙って描いてもらった私のイラストがこちら。なかなか似顔絵を描いてもらう機会もないのでとてもうれしい。というより新鮮さのほうが大きい。

ちなみに以前描いてくれたデフォルメのイラストはこちら。私はスーツとハイヒールでワイングラスを片手に…というイメージらしく。あながち間違ってないけれども。

マノのWEBサイトでも今回のイベント記事が公開されているので見てあげてほしい。

ちなみにこちらのWEBサイトは応援の意味も込めて私が制作させてもらったものでもあるのでそこも要注目…!

駆け出しのクリエイターとして名前と作品を売りながら実績を積み重ねていくためにはこのようなリアルなイベントの場が最も勉強になるのではないか。WEB受注はリアルの初動と基盤があってこそのお話。初めの頃のがむしゃらな積み重ねこそが自分の基盤となり自分自身を強くしていく。

私がコラムやWEB制作の仕事を始めた頃、有難いことにやはり最初に「やってみなよ」と声をかけてくださった方がいて今に繋がっている。だからこそ、幼なじみが目標に向かって歩を進め始めようとしている今、友人として何かできることはないかとは考えていた。

単独でのコラボイベントは初めてだと思うので、本人も貴重な経験になったのではないかと思う。何よりも楽しかったみたいでこちらが安心した。ぜひ次に繋げてくれたらうれしい。


N t Sとマノと、さらなる活躍・発展を祈るばかりだ。


▼N t S coffee
住所:東京都港区南麻布2-3-25
営業時間:平日 8:00 - 17:00 / 土日祝 10:00-17:00
定休日:月曜
WEB:https://sites.google.com/view/ntscoffeetokyo


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
Laaa株式会社 CEO | 自分らしさを体現する女性体型向けテーラーメイドウェアブランドを運営 | ファッション× WEB × 社会課題に挑み、作り手と着手を繋ぐひと | メンズスタイルデザイナー | ally🏳️‍🌈
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。