新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

かなり久しぶりの投稿です

お久しぶりです。
最後に記事を投稿した日付を確認すると、2019年8月29日。
そして今この記事を書いているのは2020年5月20日。
およそ9ヶ月ほど空いてしまいました。
前回の記事のタイトルが「積み重ねは自信につながる」というのは
なんという皮肉でしょうか。

この間何をやっていたのかと言いますと、全5話のwebドラマの制作、それのみ。
ドラマの撮影が非常に難航し、制作スケジュールを大幅にオーバーしました。
(それに伴い予算も超大幅に...)

具体的には、
撮影終了予定:2019年6月末→2019年9月末
作品完成予定:2019年7月末→2020年2月末

こうしてみると、特に撮影終了から完成までにかなりの時間がかかっています。
理由はいろいろありますが、ここでは割愛させていただきます。

個人的なところでは、あまりにもドラマ制作が大変だったので体調を崩しました。
特にキツかったのはキャストやスタッフたちの人間関係ですね。
このストレスは本当に辛かった。
こんなに辛い現場はこれまで経験したことがありません。
制作が終わった直後は「もう二度とやりたくない!」と本気で思いましたし、
この業界から引退しようか真剣に考えました。
この仕事をするために独立したのに...

脚本はもちろん、noteを書く気力も湧いてこない状態がしばらく続きました。
そうこうしている間も会社からはどんどんお金が無くなっていきます。
それも大きなストレスでした。

コロナウイルスの影響もあり会社の状況は依然厳しいままですが、
それでもドラマを配給会社様に納品し、このプロジェクトにおける自分の役割が
ほぼ全て終わったことで少しずつ穏やかな心が戻ってきました。
そして今、再びnoteに記事を書こうと思いキーボードを走らせています。
こうして記事を書いてみると、
やはり自分は文章を書くことが好きなんだと再確認しますね。

ちなみにこちらのドラマは、年内に配信もしくはオンエアされる予定です。
決まり次第お知らせしたいと思います。

というわけで、本当に久しぶりに記事を投稿しました。
ゆっくりではありますが、これからまたnoteでの活動を再開したいと思いますのでよろしければご覧ください。
それではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。またぜひ遊びに来てくださいね。
映画監督、脚本家、プロデューサー。 映像製作会社に勤める傍自ら短編を製作し、海外の国際映画祭に多数ノミネート。 現在連作短編映画「BarreChords」がRakutenTV他で好評配信中。 webサイト→http://ataccanti.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。