見出し画像

傷口から広がる社会を肯定したい

「人に迷惑をかけるな」

この言葉が嫌いだ。というか嫌いになった。

先日の乙武さんのツイートには共感しかない。


そもそも、人に迷惑をかけずに生きることができるだろうか。

私は人に迷惑をかけないで生きているという人がいたら…「一度見てみたい」と書こうと思ったけど、そう言う人たくさんいるだろうな。

じゃあ今はいい。あなたが誰にも迷惑をかけていないと認めよう。でもその「迷惑かけない自分」を基準に考えたとして、40年後はどうする?自分一人で歩けなくなって、何もできなくなってしまったら?どうやって人に迷惑をかけずに生きるんだろう。人生100年時代に、自立して生きていられるのは20代~70代の50年くらいではないか?子どもの頃は親に経済的負担をかけるだろうし、老後は身体的に介助してもらうことも必要になるだろう。

こういうことを言うと、結果的に迷惑をかけることになってしまうのはしょうがないけど、最初から迷惑をかけるつもりで利己的にふるまうのはだめ、みたいな話になる。

逆だろ!と私は思う。

人に迷惑をかけてもいい、どんな自分でもいいと肯定されてきた人間は、そもそも人に攻撃をしようとか、人を困らせてやろうなどと思うはずがない。みんな自分の人生に夢中だから。迷惑をかける人間代表、おでんツンツン男が現れるはずもない(多分)。

じゃあ電車で騒ぐ子どもは?と聞いてくる人がいたら、子どもが公共のルールを守れないのは、それが大人用に作られているからなわけで、ルールを教えて自分ができるようになるまでは、少し時間がかかる。少し長い目で見てもらえたらうれしい。それに電車で騒ぐのは子どもだけじゃない。大学生くらいになったら自我が肥大し、騒いだりする。飲んだくれた社会人だって人に迷惑をかける。いいじゃないか、人間らしくて。

私は普段人に迷惑をかけまくっているから、人の迷惑をほとんどなんとも思わなくなってしまった。

画像1

Photo by Jeremy Bishop on Unsplash


育児の壁にぶつかり、降参した

以前は私も、とにかく「人には迷惑をかけてはいけない」と思っていた。

ある時まで私は、成果こそ残せていないけれど、人には迷惑をかけていないという自負があった。

なぜそのタガが外れて超絶ゆるゆる人間になったのか。

それは私が育児の壁に完全にぶつかったからだ。

このnoteでも何度か書いてきたけれど、私は当時2歳だった娘のことをだめな人間だと思っていた。
この子を立派な人間に育てなければ、と。

しかしどうやってもうまくいかない。私も娘も追い詰められていた。

その時、育児を「人に助けてもらわなければできない」という、認めたくない状況に陥った。

でもその状況になったことで、私は初めて人生に降参し、人を信じて迷惑をかけられるようになった。(3年くらいかかったけど)

世の中には、その状況になっても、最後まで自分でなんとかしないといけないとふんばり続ける人がいる。ふんばる人のことはどうやっても助けることができない。

私は世の中の犯罪や悲劇の多くは、だめな自分を隠すために起きていると思っている。(このことは、長くなるのでまた次の機会に書きたい)

今からでも遅くはないし、そういう人を助けたいと思っている人、助けること喜びを感じる人はたくさんいるから、安心して手放してほしいと思う。

画像2

Photo by kazuend on Unsplash

子どもを一度でも殺してしまいたいと思ってしまった呪いが、まだ消えない

この前友人と話していて、今の私の考え方は、とにかく自分を満たすことが最優先だから「眠かったら会議に出なくてもいいと思ってる」と言ったら

会議は出なくちゃだめ、信用を失うし、みんなそこに時間をあわせているのだから、と。

まあその通りなんだけど、それは社会にいる人間が完全体だという前提で作られているような気がしている。

例えば一度でも鬱になったことがあるような人だったら、眠かったら会議に出なくていい、を肯定してくれるのではないか。眠いとかだるいというのは体からのサインで、もっとそこに敏感でいいと私は思っている。「眠いから行きません」と言うのは許されないかもしれないけど、そこは…うまくやろう。うん。それに自分が心身をささげられる仕事を適量にできていれば、会議に出たくないなどという状態になるはずもない。

その友人は私が子育てに挫折し、子どもに黒い感情を抱いたことを肯定してくれた。それは彼女の中に似た傷があったからだろう。でも私のその黒い感情を否定する人もいるはずだ。そういう人は、自分がうまく子育てをできている、もしくはできたと思っている人だ。そういう人達で社会はまわっているし、否定はしない。

でも私は傷口から広がる社会を肯定したいし、傷口があることで社会とつながることができると信じている。社会はありとあらゆる、人々の事情でできている。自分の傷口から想像できる事情なら人は許容できる。ジャッジして線引きする世の中ではなくて、許容できる社会になってほしい。

画像3

なぜ私は人の生きづらさとそれを許容してくれる社会にここまで固執しているのだろうと、ここ最近考えていた。

そして、自分の子どもを一度でも殺してしまいたいと思った呪いが、まだ消えていないからだと気付いた。

私が救ってもらった分を誰かに返したいというと聞こえはいいけど、自分と同じように生きづらさを感じる人を解放することで、子どもに許してもらいたいと考えているのだろうと思う。

都合のいい考えだ。でも、こういう消そうとしても消せない呪いが、私が社会とかかわる意味、書く意味を与えたのだと思う。

過去の意味付けはいくらでも変えられる。そうすると今起きている出来事が良いことだとか悪いことだとか、ジャッジしようとも思わなくなる。すべては未来の一歩のために起きていると私は信じている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!これからも自分にまっすぐ向き合って文章を書いていきます!

ありがとうございます!
159
ライター。家事嫌いが家事をやめたらどうなるの?実験的日々の記録です。6歳3歳の娘を育てています。お仕事の依頼はこちら↓ikumi@ueno.work 育児や夫婦関係、女性の生き方のコラム、エッセイ、書籍の企画・ライティングなどやっております。

こちらでもピックアップされています

あなたと社会と世界の『未来』を変える話
あなたと社会と世界の『未来』を変える話
  • 3116本

かつて私たちの夢見た豊かな暮らしは、もはや待つだけでは手に入らない。 独立自尊により『自由』を得て、自分を取り巻く世界の『未来』を変えるための道は、おのずから動く者にのみ開かれる。 そのヒントの在処は先達の教えに、世界の歴史に、小さな異変や違和感に、同業者や異業種の成功事例に――あるいは地下鉄の壁や長屋の玄関の落書きに。

コメント (9)
ぷゆさん、コメントをありがとうございます!そうですね、たしかに自分次第なのですが、社会の空気ってちょっとしたことでどんどん変わっていくのではないかと思います。私が子どもの時は、大人は自分を犠牲にするのが当たり前でしたが、だんだんと自分のことを大切にしようという風潮が広がっている気がします。それでも迷惑をかけたらいけないと踏ん張っている人もいますので、なんとなくその空気が広がればいいなと。人に迷惑をかけても受け入れられた人は、誰かの迷惑も受け入れられる気がするので。
読ませていただきました。傷口から広がる社会という考え方、なかなかない発想だと思いました。
ただ、私はうつ病を発症した経験から、周りに頼ることを覚えようとしています。なので、すごく共感できました。
谷口さん、コメントありがとうございます!痛みを伴うような経験をすると、自分のありかたを見直すきっかけになりますね。谷口さんも周りに頼り、がんばりすぎないでくださいね。最近あまり更新ができていませんが、よければまたのぞきにきてください!
共感します。
殺意って多かれ少なかれ抱いたことのある人は結構いるはずで、実際に行動にうつす人は少ないということだと思っています。私はずっと独身ですが、子育てをする姉を見ていて私には24時間365日子供と過ごすことは無理だなと思っていました。
人に厳しいのは親から゛人に迷惑をかけてはいけない゛とキツく言われた人に多いような気がします。
私も母からそう言われたことが何度かありましたが、その母はずっと家族に依存して今でも私たちを頼ってばかりです。人って勝手な生き物だなと思ったしてます。
寛容な社会になったらいいなと私も思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。