見出し画像

私とnote

任地115日目。金曜日(はなきーん!)。

今日はnoteのことについて書きます。


noteの存在は確か1年前くらいに知った。

ブログをはじめていろんなブロガーさんをTwitterでフォローさせてもらったらいろんなところでnoteの話を聞いた。

有料noteとして販売をしている人もいた。

その時にフォロー機能やいいね機能があることも知ったけれど、TwitterやInstagram、Wordpressやはてなブログなどもあるなかで、noteがどのような立ち位置なのかよくわかっていなかった。その強みや他にはない良さなどもそんなにわかっていなかった。

でもみんなあまりにもやるものなので、ちょっとずつそれがどんなものなのかが気になった(ミーハーと呼んでくれ)。

noteをやろうかなと思ったのは訓練所に入ってから。仲良くしてくれた同期がnoteを毎日更新していて、実際にnoteをやっている人に生で出会ったのがきっかけだ。

その時は自分が1年近く書いているブログもあったしnoteに何を書くのかもわからなかったからへえ~~で終わったのだけれど、青年海外協力隊としてペルーに来てから、日々感じたことや学んだことを何の背伸びもせず書き綴る場所が欲しくてnoteを使うことにしてみた。

そして今日まで約130くらいの記事を書いて、note歴は5か月弱になる。


結論から言うと、今noteがどの媒体よりも好きだ。

好奇心が旺盛なのでとりあえず疑問に思ったらやってみるタイプ。つまらなかったら続けないし、楽しかったら続ける。だからnoteも2年間ずっとやるぞーーーーー!という高貴な目標があるわけでもなく、とりあえずどんなものかを知るために始めてみた。

気になったら気になったままにしておくのではなく、実際に自分が体験してみて自分で評価するのが私流なのだ。

百聞は一見に如かずならぬ、百聞は一体験に如かず、なんちゃって。

青年海外協力隊に参加をするのを決めたのも、やってみないで語るより、やってみて語ったほうが理解できるなって思うから。やはりやってみるって大切だと思う。

話は逸れたけれど、そんな感じではじめたnoteが今では一番好きな媒体になっている。


ところで現在、自分でもびっくりなくらいいろいろなSNSに手を出している。

note、Twitter、Instagram、Facebookそして自分のブログも。

それぞれいいところがあるし、使い方とか接する人とか、伝えたい内容も様々だから好きに使えばいいのだけれど

noteはなんだか書いている人の「素」に一番あたれる気がする。書く人にもよるかもしれないけれどね。

Twitterは140字でいろんな言葉を紡ぐことができるし、タイムラインに140字全部がながれてくるのでいろんな情報に一気にあたれる。一方、リツイート機能があったりいいねをするといいねした人のフォロワーさんに公開されたりだとかというところは、すごく「フォロワー」重視に感じる。

Instagramはやはり「映え」の世界。そこはキラキラしているし、写真って理解しやすいからその生活やその人のことを写真から見ることもできる。一方、やはりそのきらきらした映えの世界観の中だからか、そんなに心の叫びを書くことは少ないし、そもそも文章よりも映像の世界だもんね。

Facebookは私は友人しかつながっていないし、最近は全くやっていないのだけれど、世界的にはおそらく一番使われているSNSだし世界中に友達がいる。いろんな立場やいろんな世界の友人がいるから、様々な方面にちょっと気を遣っちゃったりして私にとってはそんな頻繁に更新したいとおもうような場所ではない。

これらは完全に私の個人的な感想。各種いいところもあるし、使いにくいなって思うところもあるし。完璧なものなんてないからそれは当然、だから気分や好みで使っていけばいいと思う。

noteは正直、フォローさせてもらっている人のしかほとんど読んでいない。協力隊員が多いけれど、みんな感じたことやその日あったことを自分の文字で書いていて、すごく個性的だし、オリジナリティがあって、その人の素直さも出ているように見える。

だからnoteを読むのは楽しい。

それに、noteの機能で最近気に入っているのは、その内容に関連する他の人の記事が下の方に出てくること。

フォローをしていなくてもそうやって素敵な人のnoteを読むことができるから最近は足を延ばしてそこまで読んだりすることもある。

あとは、noteはすごく文章が書きやすいと思う。Wordpressやはてなブログ、アメブロ、実はいろんなブログに手を付けたことがあるのだけれど、こういう長めの分を書くときにnoteはとても書きやすい。

おそらく行間や書体が私好みなのと、編集画面に余計なものがないからだなーって。

さすがクリエイターたちが集まるnote、集中して書き込めるようになってるのかなって思う。そんなところも好き。

最近びっくりしたのは、noteが検索に引っかかることが多いこと。SNSだから検索には引っかかりにくいと思っていたのだけれど、何かと調べ物をするときに人のnoteが出てきたりして、それはちょっと意外だった。


私がWordpressのブログを始めたのも理由があって、noteを始めたのも理由がある。今回は割愛するけれど、どちらもブログ的な感じで使っているからどのように両者を使い分けるのか、そういうのはいずれ考えないとな―と思う。

でもそれくらい自分がnoteに心奪われがちなことが判明して自分でもびっくり。

今後も楽しく使わせていただきます。

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いくみ /「遊び」ながら「グローカル」に生きる人

サポートありがとうございます!! いただいたサポートはペルーでの活動費用、地域や国際協力についての学び、出張費に使わせていただきます。

ありがとうございます!
都会生活の悩みを解消するための農村暮らしを通した新たな価値観の提案|福島県二本松市で農村ツーリズム←#青年海外協力隊 ←ホテルフロント←飲料メーカー知財←大学にて観光人類学| ブログ「VOICE!!!!」も(https://ikuminoheya.com/)