「ホラー」

27
記事

【こちら、悪意でございます】

「俺はおめぇを殺さなきゃなんねぇ。なぜって、そんなことに理由が必要か?  強いて言うならおまえがいまこれを読んでいて、その前には読んでいなかっ...

【哀しい独善】

あの方の不満そうな顔が好きだった。あの方の集中している姿が好きだった。私は遠くからそれを見守り、ときおり声援を送るのがやっとのことで、あの方に...

【表裏遺体】

大学で知り合った男と意気投合して、しばらく遊んでるうちにすっかり仲良くなってしまった。こういうのを友達と呼ぶのかもしれない。  明るく、誰とで...

おまけ62【影】

さいきん影を見る。ふとした瞬間に視界の端に映るのだ。  目を転じると視線のさきには何もない。気のせいかと思い作業に戻ると、また視界の端を何かが...

おまけ48【よくある話1~15】

【1】 インターホンが鳴ったので出た。女が立っていた。何か用ですか、と訊ねると、昔ここで人が死んだ、たくさん死んだ、殺されたのだ、とうるさいの...

おまけ45【灯蛾を焼く者】

その噂は知っていた。  帰り道や家の窓からよく目にしていたので、半分は正しいと知っている。  小学校の第二図工室には、夜中になると居残りの生徒...

※原作フリー素材※

原作が入り用の方、 無料でお使いいただけます。 (作品数255点以上) こんな方に。 ・絵を描くのは好きだけど、物語をつくるのが苦手な方。 ・SNS...

おまけ40:【偏執狂の愛】

一生けっこんできないんだろうな。ぼくは五歳の時分でそう悟った。  女性と接するとどうしても相手を怒らせてしまう。鼻が大きければ、大きくてステキ...

おまけ39:【かくれんぼ】

小学校低学年のころ、イトコの家に遊びにいったとき、必ず近所の神社でかくれんぼをして遊んだ。ちいさな村だったからか、かくれんぼをするぞって段にな...

おまけ26:【カマキリ】

カマキリに恋をした。冗談ではなく。ぼくは昆虫のカマキリに一目惚れをした。彼女がぼくの顔に飛びこんでこなかったら間違いなくぼくは死んでいた。そう...