幾野温

いくの・おん/主に性愛小説を書いています。可愛いあの子のために何か書き残せたらいいな。/ 文字通りweb上のnoteが欲しくてアカウントを作りました。僕の雑記帳です。/アイコン、ヘッダ共にsioちゃん画♡

幾野温

いくの・おん/主に性愛小説を書いています。可愛いあの子のために何か書き残せたらいいな。/ 文字通りweb上のnoteが欲しくてアカウントを作りました。僕の雑記帳です。/アイコン、ヘッダ共にsioちゃん画♡

最近の記事

デジタル関係の整理がしたくなり色々捨てたら、何か楽しいことが始まりそう。自分の頑張り次第であるから、健康に留意しつつ頑張るぞっ。

    • お仕事依頼はお受けしていますよ〜。R18性愛小説、男女モノかBLのwakan。エッセイやコラムの類も。僕の作風に興味を持った方、ご依頼お待ちしております。目安は1文字1円〜3円程度です。(条件により変化)

      • 僕の前世はきっとシルクハットの影なのさ。

        • ねえ、漫画を書かないで小説を書いているの?

          昔々、初めて精子を飲んだ時「何この不思議な味!」これを言葉で表現するにはどうすればいいだろう?とその場でワクワクしたものだけど、当時の僕は漫画や絵を真剣にやっていた筈なのに何故か文章での表現にこだわっていた辺り、あの頃から答えは出ていたんだなあと思う。 思えば最初に「小説」を封印し、そして「エロ」も封印した。エロに関しては封印というか抑えめだったんだけど。 小説でプロになるのは難しいと思っていて2番目に好きな絵を描くことを頑張ろうと思ったし、下ネタギャグまではいいけど性行為

          ‪暴君を私鉄に押し込め、さようなら。‬ ‪これからわたし、幸せになる。‬ ‪ #私君幸せを使って文章作れば性癖がわかる‬

          排泄行為というのは神聖な行為である。神より頂いたものを再び神に返す。排泄とはそういう儀式なのだ。我々は日々気付く気付かないに関わらず、儀式をしているのだ。儀式は神聖であるが故に、最中は他者との会話は厳禁だ。気が他へ漏れてしまえば排泄は忽ち停止し、最悪便秘になるであろう。 #小説

          ピンク色の虎と暮らす

          ピンクタイガーアイという石を買った。腕につけられるようになっているタイプのものである。この周り口説い言い方は、「数珠」と言いたくない僕の精一杯の抵抗である。 ◉◉◉◉◉ 以前、仕事運や金運が欲しい時に普通の虎目石を買ったのだが、見るからにエネルギーが強かったその石は、つけると仕事場ではハキハキシャキシャキ動くことが出来たが、その分人が離れて行ったと感じた。いつもにこやかに接してくれる人たちが誰も来てくれないのだ。一度つけて、外して、またつけると同じ。何度か試した結果、やっ