AIH(人工授精)にステップアップ
見出し画像

AIH(人工授精)にステップアップ

yuki

人工授精は排卵期に採取した精子を調整して子宮に注入する方法です。

タイミング法とAIHの違いは精子の移動距離と、精子を調整する部分で、その後の受精から着床までの流れはタイミング法と同じです。女性側は排卵していて卵管が通っていることが適応条件になります。

タイミング法の場合は精子は子宮頸管から子宮の奥へ進んで行きますが、人工授精では子宮の奥からスタートして卵管へ向かいます。移動距離が短縮されることでより多くの精子が卵子のもとへ辿り着きやすくなります。

フーナーテスト不可など頚管粘液の状態が悪くても膣を通らないので問題ありません。抗精子抗体(精子を攻撃してしまう抗体)を持っていた場合はその影響を減らすこともできます。

採取された精子はパーコール法やスイムアップ法で細菌などの不要物を除去して運動良好な精子のみを回収します。

AIHはシリンジ法と混同することもありますが、シリンジ法は精子の調整はなく膣に注入されるので、どちらかというとタイミング法に近いです。

タイミング法・AIHの周期は排卵の頃と着床の頃(排卵から5日後)に鍼灸治療を受けていただくのがオススメです。

排卵のタイミングでは排卵された卵子がきちんと卵管に取り込まれるように自律神経を整えておくこと、着床のタイミングでは子宮の収縮を抑えたり内膜をフカフカにして受精卵を受け入れる準備をしておくことが大切です。

*鍼灸院 來花-kohana-では体質改善に特化して施術を進めていきます。その他、なんとなくキツイ、体がだるい(頭や身体が重い)、冷え、便秘、めまい、疲れ目、不眠、アレルギーなどの自律神経症にも対応しております。
お気軽にいつでもご相談ください。

鍼灸院 來花は赤坂駅徒歩1分、警固、大濠からもアクセス良好です♪
ご来院お待ちしております!

画像1

画像2

インスタ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yuki