受精方法
見出し画像

受精方法

yuki

卵子と精子を受精させる方法は大きく2つあります。

1つはふりかけと言って一般的な体外受精(IVF)です。採卵した卵子と、調整した精子を容器に入れて受精するのを待ちます。受精場所が卵管ではなく体外というだけで、精子が自分の力で卵子に入っていく流れは自然妊娠と同じです。

受精率を上げるために多くの精子を容器に入れるので、1つの卵子に対して2つ以上の精子が受精してしまう異常受精が起きたり、運動率が低いなど精子側の問題で受精できないと言ったリスクもあります。

もうひとつは顕微受精(ICSI)です。顕微鏡で精子の動きを見てより活発な精子を1匹を選び、卵子に針を刺して直接精子を送り込んで受精させる方法です。

ふりかけでは受精しない場合や高度な男性不妊の場合に適応になります。直接精子を送り込むのでふりかけよりも受精率は上がりますが、卵子に針を刺す工程はとても繊細でダメージを与えてしまうリスクもあります。

どちらの方法で受精させるかは採卵数や精子の状態によってお医者さんが決めることが多いでしょう。採卵数が多い場合は半分ずつ行うこともあります。

受精率でいえば卵子に直接精子を入れるICSIの方が高いと思われますが、胚盤胞到達率はふりかけの方がやや良好という意見もあります。一概にどちらの方法が良いとは言えません。

採卵数を重ねてもなかなかうまくいかない場合に次はどういう方法がいいか、今までのデータでどの方法が合っているのかなどを考えながらその時の卵子と精子の状況にベストな選択をすることが大切です。

*鍼灸院 來花-kohana-では体質改善に特化して施術を進めていきます。その他、なんとなくキツイ、体がだるい(頭や身体が重い)、冷え、便秘、めまい、疲れ目、不眠、アレルギーなどの自律神経症にも対応しております。
お気軽にいつでもご相談ください。

鍼灸院 來花は赤坂駅徒歩1分、警固、大濠からもアクセス良好です♪
ご来院お待ちしております!

画像1

画像2

インスタ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yuki