定義に戻ってみる
見出し画像

定義に戻ってみる

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉は

最近よく耳にもするのではないだろうか?

改めて定義を確認してみた。

DXとは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」である。
経済産業省「DX推進ガイドライン」におけるDXの定義

こうしてみると、DXの目的はあくまで

競争上の優位性を確立することであり、

デジタル技術を活用することは手段でしかない。

Digital << Transformation

普段から

何となく言葉を使うのではなく、

定義に戻ってみるとよいと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2000年サイバーエージェント入社。広告営業が長いがAmebaなどメディア立ち上げも経験。2012年から子会社のMicroAdへ。インド支社やB2Bプロダクト「シラレル」責任者を経て、2020年7月から株式会社プリンシプル執行役員COOに。