見出し画像

CryptoNinjaがP2E(遊んで稼げる)ゲームになります!

CryptoNinja Founderのイケハヤです。

なんとですね……。

CryptoNinjaが、ゲームになります!

しかも……今話題の「P2E(Play to Earn:遊んで稼げる)」要素が入ってます。


開発は「エルマス」のHashGames!!

NFTコレクション「CryptoNinja」が立ち上がったのは、昨年の9月。

事業開始後、一年経たずにP2Eゲームができるというスピード感は、異常だと思います……w

ゲームの名前は「CryptoNinja Party」。略称は「CNPT」です。

この異常な企画を実現してくれたのは、HashGamesさんです!

HashGamesは、国産ブロックチェーン「Palette(パレット)」を運営するHashPallete傘下のゲームスタジオ。

Paletteチェーンの基軸通貨は「PLT」で、すでにcoincheckにも上場しています。

HashGamesはPaletteチェーンを使ったゲームを複数開発しています。

「エルマス」のNFTセールは大成功で、なんと27億円の申込みを集めています……ヤバくないですかこの規模感……。

HashGamesは、日本発で、本格的なP2Eゲームを開発する強力なスタジオです。

そして、CryptoNinjaは「誰もが自由に商用利用できる」Web3時代のキャラクターブランドです。

優れたゲームスタジオが、ぼくらのCryptoNinjaを利用してくれたことは、かなりの胸アツ案件です……!

エルマスとならんでる〜〜〜(PLT Placeより)

なお、イケハヤはCryptoNinjaの創業者として、「監修」という立場でご協力させていただいています。


どんなゲームなの?

こちらの動画がわかりやすいですね。ぜひぜひご覧ください!Ninja DAOのクリエイターの作品です。

さらに詳しくは「ホワイトペーパー」をご一読ください。一部抜粋しますね!

いわゆるパーティゲームで、複数のミニゲームを楽しむことができます。

サクッと楽しめるカジュアルゲームがメイン

注意点というか、知らない人のために、一応書いたほうがいいこととして。

一般的なP2Eゲームと同様、P2E要素を楽しむためには、事前に有料のNFTを購入する必要があります

NFT自体は二次流通で売却もできますが、必ず原資回収できるようなものではないので、その点は各自がリスクを判断して参入してください。CNPTに限らない話ですね。

経済性の設計はこんな感じです。

見方が難しいのでコメントをしておくと、客観的に見て、P2Eではごく一般的な仕組みかなと思います。

直接仮想通貨がもらえるのではなく、ポイントが貯まり、それを所定のレート(たぶん変動します)で交換できる、という感じですね。


ゲームクリエイターが稼げる仕組み。

特殊な要素があるとすると、「Create to Earn(C2E)」ですね。

CNPTは「ユーザーがゲームを開発できる」という仕様で開発が進んでいます。

自分が開発したゲームが人気になれば、そこからもEarnできるわけですね。

ユーザーがゲームを作成できる点が新しい

世界で大人気の「Roblox」を知ってる方はイメージしやすいかもです。あれも、ユーザーがCreate to Earnできるエコシステムなんですよね。

ただし、C2E機能はリリース時点では提供されません。来年の初頭……かな?見えないw 

実際に遊べるのは、早くて10月以降というスケジュールです。ゲーム開発は時間かかりますからねぇ。ほんとお疲れさまです……。

Ninja DAOでみんなでゲームを開発して、ワイワイ遊びたいですね!


トークン発行も視野に。

ホワイトリストにも書いてあるとおり、CNPTは、独自トークンの発行も視野に動いています

当初はPLTトークンが使われますが、CNPTトークンが出てきたら、そちらがメインになる計画のようですね。

CNPTが国内取引所に上場する未来……はなかなか熱いです。

ここらへんは法的、実務的にめちゃくちゃハードルが高いのですが、HashPaletteは国内最初のIEOを実現しているので、信頼感がありますね!


ホワイトリストは?

ホワイトリストはあります!これから配っていくのでお楽しみに!

HashGamesさん側に交渉をしておりまして、CNPを複数持っている人は、優先的にホワイトリストが提供される……という話で調整してます。

もしかしたら抽選になったり、もろもろの制約があるかもですが、基本的にはCNPオーナーへのWL提供はやる方向です。CNPオーナーはお楽しみに〜!

詳しい情報は公式ツイッターや、Discordからどうぞ。HashGamesさんから、順次情報が公開されていきます!


CryptoNinja、ご利用待ってます。

という感じで、CryptoNinjaをガチで利用してくれる企業さんも登場しています。

CryptoNinjaは、誰もが自由に商用利用できるIPです。

ライセンスフィーは不要です。もちろん個人、法人も問いません。

ちなみに、今売れに売れている「CryptoNinja Partners(CNP)」も、企業による利用事例だったりします。

あとあと、メタバースアプリのXANAさんとも、CryptoNinjaを利用してカードゲームを作る企画が進んでいます。こっちもP2Eです。

もっというと、アニメ制作も進んでます。こちらはぼくの個人会社も含めた、5社が集まった合同プロジェクトです。そろそろ発表できるはず!


CryptoNinjaは、みんなの力で育てていくキャラクターブランドです

クリエイティブな利用アイデアをお待ちしてます!Ninja DAOでディスカッションすると楽しいですよ〜。


ありがとうございます!サポートをいただけると、高知の山奥がもっと面白くなります!