見出し画像

人生まるっと今を生きる

『自分らしく』ってなに?『生きる』ってなに?

この数年、自分らしく生きよう!なりたい私になろう!こんな言葉。
よく目にするし、耳にするし。でも自分らしい自分って?

「自分らしい」ってキラキラしてる毎日に身を置く『わたし』でも
毎日を笑顔で過ごしている『わたし』でもない?!

どんなに楽しく幸せに暮らしていても、生活をしていたら生きている限り
『小さな悩み』も『そこそこの悩み』も。
もしかして『とんでもない悩み』も勃発するかもしれない。

いつどんなことが起こるのかわからないのが人生だもの。

まわりを見渡して『あの人幸せそう』『あの人いつも楽しそう』
『なんかキラキラしてるな』

それって見えてる部分だけかもしれない。その笑顔になるまで、一生懸命自分と向き合って頑張ってきたかもしれない。その笑顔の裏には、もしかしたらとても辛い悲しいことがあるかもしれない。

だから人と比べてもなにも変わらない。

いつも根底にあることは『私はどうしたい?』私はどうしたい?っていう
本当の気持ちを知ることが『自分らしい自分』になれること。

強い自分も

弱い自分も

頑張っている自分も

頑張れない自分も

今、目の前に在る毎日をまるっと過ごせばいい。

まわりの景色を眺めながら、ときには休憩しながら
『人生まるごと今を生きる』


まわりに影響されて『できていないこと』に自分を責めても
そこからなにも生まれない。


できないことがあったら『じゃぁ、どうする?』


それでも『できていないこと』にチャレンジしたい気持ちがあるなら
どんどん頑張って向かっていけばいい。

『やっぱりできない』と思えば『できること』を探せばいい。

私も長い長い間「できること」「できないこと」を確かめながら
たくさんのことにチャレンジをしては一喜一憂しながら過ごしてきた。

できると思ってチャレンジしたことが全然できなかったり。

今はできないけれど、必ずできるようになる!って必死で頑張ったり。

まわりが「好きなことして自分らしく生きればいいのよ」って
あまりにも言うものだから「そうなの?」って思って自分優先で動いてみたり。(その結果、自分のなかでちゃんと答えがでました。自分を優先するよりも家族や友達や大切な人を優先している自分が好きだということを。)

その対象がモノだと分かりやすいけれど『人』である場合、その人のために私は我慢をして自分を優先できていない?!うっかりすると微妙なズレを見過ごしてしまう。

どんな状況であれ『私はどうしたい?』ここ!

人それぞれの人生がありライフスタイルがある。
結局は生き方が自分の在り方になりそれが『自分らしさ』になる。

自分らしい=心の声を誤魔化さない

自分らしさって自分にできることを大事にしていくこと。
自分のココロもカラダも喜ぶことをすること。

まわりの目を気にせず、他人軸で動かず、自分軸でものごとを考え行動すること。そしてその軸を太く太く育てること。

生きるってそういうことだと思う。
その反面『生きる』とは、とてもシンプルなのかもしれない。

食べ物があり、着るものがあり、雨風しのぐ家があり、夜寝て朝がくれば目が覚める。『あー。生きてるな』これで充分、毎日を生きている。

人生最期のとき『あー。楽しい人生だったな』と
思えるように後悔のないように生きる。


失敗をしても、とにかく行動に移すのは『後悔したくない』から。

泣いて泣いて傷ついて心が潰れそうなくらい痛い思いをたくさんしても。

『生きる』ことが辛くなったら『自分のできる』にラインを合わせてみる。
自分の気持ちに正直になると環境や自分を取り巻く人間関係の中でも自分の立ち位置が見えてくる。

いつも『今が一番楽しい!』そう思える毎日でありたい。
『あの時のほうが楽しかったな・・・』『昔は良かったな』
そんなふうに嘆くより『今が一番楽しい!』
歳を重ねるごとに、こう言える自分でいられたらかっこいいね。


『私はどうしたい?』


あなたはあなたにしかなれないのだから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございました!お問い合わせご相談はトップページをご覧ください。

thank you♡またスキしてね!
17
余白を愉しむ日常『整う・彩る・緩む』内面を磨くわたしの在り方・わたしの生き方。幼少期より様々な経験をし自分の居場所を探し続け心と空間を読むライフリクリエイターへ。『衣食住』は生きる基本。心の癖を知ることで人生は激変する。自分が戻る場所って?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。