井出進学塾(富士宮教材開発)公式ブログ

井出進学塾という、個別指導塾を営んでいます。 富士宮教材開発というのは、ネット上で運営している教材開発事業です。 弊社ホームページでもブログ記事はありますが、そことはテーマのちがう内容も書こうと思い、また、より多くの方と接する機会を持ちたいと考え、こちらを公式ブログとします。

井出進学塾(富士宮教材開発)公式ブログ

井出進学塾という、個別指導塾を営んでいます。 富士宮教材開発というのは、ネット上で運営している教材開発事業です。 弊社ホームページでもブログ記事はありますが、そことはテーマのちがう内容も書こうと思い、また、より多くの方と接する機会を持ちたいと考え、こちらを公式ブログとします。

    マガジン

    • かけ算順序や算数警察対策についてあれこれ

      このマガジンは、「かけ算順序の強制は反対だ」という人を、批判するためのものではありません。 マガジンの意図は、ヘッダー画像から、お察しください。 算数警察にからまれて、いやな思いをされた人に、少しでも気を晴らしてもらいたい・・・と考え執筆します。 (自分自身の指導法についての体系を、確立するため、という意図もあります。)

    • 2021共通テスト「世界史B」過去問解説(解説動画付き)

      2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト「世界史B」の、どこよりも詳しい分析と解説です。 共通テスト世界史では、知識よりもむしろ、思考力が求められます。 元より世界史という教科自体、すべて暗記して何とかしよう…と思っても、情報量が多いので何とかしようがなく、大切なところを自分でまとめたり、重要な情報を取捨選択する能力が求められます。 この解説は、みなさんがそのような能力を高めるきっかけになるようにつくられています。 約束します。 この解説に一通り目を通せば、「世界史」が得意教科になりますよ。

    • 「プレテスト世界史」くわしい分析と解説

      大学入学共通テスト試行調査(プレテスト)「世界史」の全問解説です。 ポイントごとに解説動画も付いています。 共通テスト対策として、ぜひプレテストには取り組んでおきましょう。 1問1問、出題の意図なども読みとり、くわしく解説しています。 プレテストの国語・数学・英語の評価は低かったですが、世界史はセンターに比べても問題の完成度が上がったという見解です。 どのような力が試されているのか、この解説記事で確認してください。 ただし、みなさんの想像を超えるような「くわしすぎる解説」です。 その分、文章量も多いので、そのつもりでご覧ください。

    • 2021共通テスト「化学基礎」過去問解説(解説動画付き)

      2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト「化学基礎」の、どこよりも詳しい分析と解説です。 1問1問どのような知識や技能が必要なのか、しっかり分析しています。 出題者の意図を読みとることで、これからどういう勉強をしていけばよいか?・・・を、かためていきましょう。 また、計算過程や有機化合物の反応など、文字だけでは伝わりにくいところは、補足の解説動画もあげています。 この解説に目を通せば、化学が得意教科になりますよ。 (「化学」の解説は、自社ページの方で公開しております。関連記事の最初のところにリンクを貼っておきますので、そちらもどうぞ)

    • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「高校化学」

      ブログとユーチューブ動画を合わせて、使いやすい教材がつくれないかと試行中です。 とりあえず、昔あげて評判の良かった解説動画を中心に再編成してみます。

    最近の記事

    固定された記事

    井出進学塾の歴史教室 第2回 「『本能寺の変』は何年?」・・・覚えようとしなくても、自然と出てくるようになる方法。井出進学塾

    こんにちは、井出進学塾です。 テストなどで、直接年号が問われることはめったにありません。 しかし、歴史の流れをおさえるために、年号が入っている方が望ましい状況も多々あります。 大学入試や高校入試に向けての歴史の勉強をするうえで、年号とどのように向き合っていけばよいか? 今回はそれを探るために、表題のテーマ「『本能寺(ほんのうじ)の変(へん)』は何年か?」をモチーフに考えていきます。 このブログを読めば、本能寺の変が何年かは自然と覚えられ、一生とまではいいませんが当分の間

    スキ
    11
      • 「等分除・包含除」という考え方が、いかに大切かについて

        小学3年生で、わり算が出てきたとき、わり算には2つの使い方があると習います。 ①「18個のあめを、3人で等しく分けると、1人何個になりますか。」 ・・・というタイプのわり算と、・・・ ②「18個のあめを、3個ずつ分けると、いくつに分けられますか。」 ・・・というタイプのわり算です。 ①を等分除、②を包含除、というそうです。 私も2つのわり算の使い方は重視していましたが、これらの言葉を知ったのは最近ですので、言葉自体は、さほど重要ではありません。 この2つは・・・ (

        スキ
        4
        • 2021年 共通テスト「世界史B」過去問解説⑤第5問(解説動画付き):令和3年度 大学入学共通テスト 本試

          第5問以外の大問の解説は、こちらのページにまとめております。 問題は、大学入試センターの方で、公開されています。 こちらをクッリクしてください。 それでは、第5問の解説を始めます。 第5問A 問1 誤りの選択肢には、元になった記述があるはずです問ごとに各地域に対応しているので、1つずつみていけばいいでしょう。 地域1からです。 1行目の、オレンジ、レモン、オリーヴ、ワインなどの記述から、地中海沿岸であることがわかります。また、次の行のイタリア半島と北アフリカとの間にあ

          スキ
          3
          • 算数テストの「式」が、「忖度」としか思えないなら、そんなに悲しいことは、ありません。

            なぜ、(小中生が)勉強しなければいけないのか? ・・・その問いに対する、答えの一つとして 相手の言いたいことを、できるだけ、くみ取ろうとし、自分の考えていることを、できるだけわかりやすく説明しようとする ・・・大切なことですよね。 こういうのをもって、「忖度」のようにしか思えないとしたら、 それは、とても残念なことです。

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • かけ算順序や算数警察対策についてあれこれ

            • 8本

            このマガジンは、「かけ算順序の強制は反対だ」という人を、批判するためのものではありません。 マガジンの意図は、ヘッダー画像から、お察しください。 算数警察にからまれて、いやな思いをされた人に、少しでも気を晴らしてもらいたい・・・と考え執筆します。 (自分自身の指導法についての体系を、確立するため、という意図もあります。)

          • 2021共通テスト「世界史B」過去問解説(解説動画付き)

            • 10本

            2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト「世界史B」の、どこよりも詳しい分析と解説です。 共通テスト世界史では、知識よりもむしろ、思考力が求められます。 元より世界史という教科自体、すべて暗記して何とかしよう…と思っても、情報量が多いので何とかしようがなく、大切なところを自分でまとめたり、重要な情報を取捨選択する能力が求められます。 この解説は、みなさんがそのような能力を高めるきっかけになるようにつくられています。 約束します。 この解説に一通り目を通せば、「世界史」が得意教科になりますよ。

          • 「プレテスト世界史」くわしい分析と解説

            • 5本

            大学入学共通テスト試行調査(プレテスト)「世界史」の全問解説です。 ポイントごとに解説動画も付いています。 共通テスト対策として、ぜひプレテストには取り組んでおきましょう。 1問1問、出題の意図なども読みとり、くわしく解説しています。 プレテストの国語・数学・英語の評価は低かったですが、世界史はセンターに比べても問題の完成度が上がったという見解です。 どのような力が試されているのか、この解説記事で確認してください。 ただし、みなさんの想像を超えるような「くわしすぎる解説」です。 その分、文章量も多いので、そのつもりでご覧ください。

          • 2021共通テスト「化学基礎」過去問解説(解説動画付き)

            • 4本

            2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト「化学基礎」の、どこよりも詳しい分析と解説です。 1問1問どのような知識や技能が必要なのか、しっかり分析しています。 出題者の意図を読みとることで、これからどういう勉強をしていけばよいか?・・・を、かためていきましょう。 また、計算過程や有機化合物の反応など、文字だけでは伝わりにくいところは、補足の解説動画もあげています。 この解説に目を通せば、化学が得意教科になりますよ。 (「化学」の解説は、自社ページの方で公開しております。関連記事の最初のところにリンクを貼っておきますので、そちらもどうぞ)

          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「高校化学」

            • 6本

            ブログとユーチューブ動画を合わせて、使いやすい教材がつくれないかと試行中です。 とりあえず、昔あげて評判の良かった解説動画を中心に再編成してみます。

          • 雑記

            • 6本

            その他のテーマです。 業務日誌のようなもの、というか、もっと気軽に書きたいテーマを書こうと思います。

          • 勉強関連(雑記)

            • 8本
          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「数学Ⅲ」

            • 5本

            「数学Ⅲ」の解説記事をまとめます。 基本的に、ワークシートベースで、文字による解説と解説動画との融合を目指します。

          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「数学Ⅰ・数学A」

            • 2本

            「数学Ⅰ・数学A」のまとめマガジンです。 基本編は、別室:「高認特設ページ」のほうのマガジンにまとめております。 そちらも、ご利用ください。 https://note.com/fujinomiyakyozai/m/m1aa74ba86c07

          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「数学Ⅱ・数学B」

            • 3本

            数学Ⅱと数学Bについて、単元ごとにまとめていきます。

          • かけ算順序や算数警察対策についてあれこれ

            • 8本

            このマガジンは、「かけ算順序の強制は反対だ」という人を、批判するためのものではありません。 マガジンの意図は、ヘッダー画像から、お察しください。 算数警察にからまれて、いやな思いをされた人に、少しでも気を晴らしてもらいたい・・・と考え執筆します。 (自分自身の指導法についての体系を、確立するため、という意図もあります。)

          • 2021共通テスト「世界史B」過去問解説(解説動画付き)

            • 10本

            2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト「世界史B」の、どこよりも詳しい分析と解説です。 共通テスト世界史では、知識よりもむしろ、思考力が求められます。 元より世界史という教科自体、すべて暗記して何とかしよう…と思っても、情報量が多いので何とかしようがなく、大切なところを自分でまとめたり、重要な情報を取捨選択する能力が求められます。 この解説は、みなさんがそのような能力を高めるきっかけになるようにつくられています。 約束します。 この解説に一通り目を通せば、「世界史」が得意教科になりますよ。

          • 「プレテスト世界史」くわしい分析と解説

            • 5本

            大学入学共通テスト試行調査(プレテスト)「世界史」の全問解説です。 ポイントごとに解説動画も付いています。 共通テスト対策として、ぜひプレテストには取り組んでおきましょう。 1問1問、出題の意図なども読みとり、くわしく解説しています。 プレテストの国語・数学・英語の評価は低かったですが、世界史はセンターに比べても問題の完成度が上がったという見解です。 どのような力が試されているのか、この解説記事で確認してください。 ただし、みなさんの想像を超えるような「くわしすぎる解説」です。 その分、文章量も多いので、そのつもりでご覧ください。

          • 2021共通テスト「化学基礎」過去問解説(解説動画付き)

            • 4本

            2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト「化学基礎」の、どこよりも詳しい分析と解説です。 1問1問どのような知識や技能が必要なのか、しっかり分析しています。 出題者の意図を読みとることで、これからどういう勉強をしていけばよいか?・・・を、かためていきましょう。 また、計算過程や有機化合物の反応など、文字だけでは伝わりにくいところは、補足の解説動画もあげています。 この解説に目を通せば、化学が得意教科になりますよ。 (「化学」の解説は、自社ページの方で公開しております。関連記事の最初のところにリンクを貼っておきますので、そちらもどうぞ)

          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「高校化学」

            • 6本

            ブログとユーチューブ動画を合わせて、使いやすい教材がつくれないかと試行中です。 とりあえず、昔あげて評判の良かった解説動画を中心に再編成してみます。

          • 雑記

            • 6本

            その他のテーマです。 業務日誌のようなもの、というか、もっと気軽に書きたいテーマを書こうと思います。

          • 勉強関連(雑記)

            • 8本
          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「数学Ⅲ」

            • 5本

            「数学Ⅲ」の解説記事をまとめます。 基本的に、ワークシートベースで、文字による解説と解説動画との融合を目指します。

          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「数学Ⅰ・数学A」

            • 2本

            「数学Ⅰ・数学A」のまとめマガジンです。 基本編は、別室:「高認特設ページ」のほうのマガジンにまとめております。 そちらも、ご利用ください。 https://note.com/fujinomiyakyozai/m/m1aa74ba86c07

          • 井出進学塾のマンツーマン授業の実況中継「数学Ⅱ・数学B」

            • 3本

            数学Ⅱと数学Bについて、単元ごとにまとめていきます。

          記事

          記事をすべて見る
            • 算数ヘイターの主張(一般)についての見解

              最初に、簡単に「抽象〔ちゅうしょう〕」という言葉の説明をします。 わかっている方は、読みとばしてください。 「しょう君(うちにいる犬) → ミニダックス → 犬 → 動物」・・・というのが、抽象です。(その逆が具体です。) 算数から数学につながる学問の体系は、まさにこの抽象の体系です。 わかりやすいところでいうと、最初は「整数」の範囲で勉強したことを、小数や分数でも同じように計算処理できることを学び、それは負の数や、文字で表された値にもつながっていきます。 そして、こ

              スキ
              2
              • 「4×100mリレー」について

                オリンピック・ハイライト、水泳メドレー「4人×100m」をみました。 これを、こういう話題につなげるのは恐ろしく無粋だとは思いますが、 この「4人」以外にも、自分が出たかったという選手は多数いるでしょうし、この「4人」を応援している人たちは、数えきれないくらい多数いるでしょう・・・ 私も、たまたま、みかけた程度ですが、その多数のうちの一人と思わせてもらいます。 この、「4×100m」という表記をみて、(計算結果の)「400m」が、最初に頭に浮かぶ人が、もし、いるとする

                スキ
                2
                • かけ算順序批判に対する見解

                  ふつうの生活を送られている方には、信じられない話かもしれませんが・・・ 主としてツイッターでですが、小学校の先生に対し「そんな教え方は、ダメだ!」と、からんでまわっている人たちが相当数います。 気晴らしにと、はじめてツイッターをやってみた学校の先生など、SNSに不慣れな方にとって、いわれのないところで急に自分が多数から執拗にからまれてるのは、ショックなことでしょう。 彼らのからみ方は、執拗で悪質です。 いやな思いをしていらっしゃる方が多くいます。 からまれた小学校の先

                  スキ
                  3
                  • 小学算数「割合」「速さ」・・・BYW(びっくりするほどよくわかる)シリーズ、一般公開

                    「割合」と「速さ」について、文字通り「びっくりするほどよくわかる」シリーズです。 どちらも、マンガ風で読みやすいですので、お気軽にどうぞ。 もともとは、販促用の資料でしたが、作成してから10年ほどたちましたので、出ししぶることもなく、ここに公開します。 PDF資料なので、そのままダウンロードできます。 また、印刷もできますので、ご自由にお使いください。 BYWシリーズ「割合」BYWシリーズ「速さ」こちらは、少し、つめ込みすぎちゃった反省は、ありますね。 今、みかえして

                    • 小学生でもできるたった3つのことをするだけで誰にも理科の計算は簡単にできるようになる。

                      0.〔単位〕について「単位」のことさえしっかりわかっていれば、理科の計算問題なんて本当に簡単です。 しかし、それがなかなかむずかしいです。 世の中には、あまり勉強していないのに、物理や化学などのテストでも、よい点数をとる生徒さんもいますよね。 彼ら、彼女らはいったい何がちがうのか? 「単位」というものを、ちゃんと理解しているだけです。 とはいえ、どうしたらよいのかわかりませんよね。だからこそ、理科の計算問題がよくわからないという生徒さんが昔も今も多いのでしょう。

                      スキ
                      2
                      • 【高校化学・計算問題】冷却による析出量・補足解説(なるべく比に頼らなくても解けるようにしておきましょう)

                        (※この記事では「かけ算順序問題」にも、ふれています。化学について知識がない方にも、その問題についてわかるように書いておりますので、興味のある方はどうぞ。ただし、ご気分を害されそうな方は、わざわざ読まないでください。読まなければ済む話です。) 2年ほど前のものですが、私の上げた解説動画の中では再生回数も、よいほうです。 少し後悔があって・・・ この動画では、比を使って簡単に答えを出していますが、別解も示しておくべきだったかな・・・と、 「割合」の考え方を使った解法も、

                        スキ
                        1
                        • 2021年 共通テスト「世界史B」過去問解説④第4問(解説動画付き):令和3年度 大学入学共通テスト 本試

                          第4問以外の大問の解説は、こちらのページにまとめております。 それでは、第4問の解説をはじめます。 第4問A 重要テーマは、自分でもまとめてみましょうまず重要なのはリード文の「19世紀/ヨーロッパ」という情報です。 先ほどと一転して、これは資料をしっかりみなければ答えられない情報ですが、「19世紀」という情報と、問1の選択肢の「クリミア戦争」、「露土戦争(ロシア=トルコ戦争)」などから・・・ ロシアの南下政策・・・に、かかわる問題だとわかります。 問1~問3まで、ど

                          スキ
                          3
                          • 共通テスト「世界史」対策:古代~近世ヨーロッパ史をおさえられるようになる400年ずつのタームとは?

                            こんにちは、井出進学塾です。 共通テスト「世界史」の過去問解説を、これから毎年、執筆していくつもりです。その際、このテーマについては何度か説明することになるので、先に別記事として、上げておくことにします。 世界史の勉強で、細かい年号まで覚えようと思ったら、きりがないです。 やはり大まかな歴史の流れをおさえ、各できごとが、どのくらいの時代に起こったか?それをおさえられることが大切です。(私の解説では、それを「時代感」と呼んでいます。) 時代感をつかむためには、先に枠組み

                            スキ
                            1
                            • 2021年 共通テスト「世界史B」過去問解説③第3問(解説動画付き):令和3年度 大学入学共通テスト 本試

                              第3問以外の大問の解説は、こちらのページにまとめております。 それでは、第3問の解説をはじめます。 第3問A問1 知識問題です。特に何の分析もありません。すみません 〔作者の名〕:『デカメロン』(1348~53)の著者は(い)ボッカチオ(1313~75)です。イタリアの人文主義者であり作家です。 ルネサンス期の、主な人物とその著作は覚えておきましょう。 ルネサンスはイタリアで始まりましたが、その先がけがダンテ(1265~1321)です。代表作は『神曲』(しんきょく:13

                              スキ
                              2
                              • 2021年 共通テスト「世界史B」過去問解説②第2問(解説動画付き):令和3年度 大学入学共通テスト 本試

                                第2問以外の大問の解説は、は、こちらのページにまとめております。 それでは、第2問の解説をはじめます。 第2問A 概略:見た目とはちがい、かなり基本問題です 一見、経済の問題でむずかしそうですね。 でも、問一くらいで気づきますが、結局はイギリスを中心とした欧米の近代史についての問題です。 しかも、かなり基本的な知識だけで解ける問題です。 なので、先に欧米の近代史の概略を確認しておきましょう。 国によって多少、前後はありますが・・・1600年くらいから1800年くらい

                                スキ
                                5
                                • 2021年 共通テスト「化学基礎」過去問解説②第2問(解説動画付き):令和3年度 大学入学共通テスト 本試

                                  第1問、およびプレテスト「化学基礎」の解説は、こちらのページにまとめております。 それでは、第2問の解説をはじめます。 第2問(概略) 陽イオン交換樹脂を用いた実験 「陽イオン交換樹脂」という言葉が、「第2問」という表題のすぐ後ろにきています。第2問を通して、この陽イオン交換樹脂について扱う・・・ということです。そう、心がけておきましょう。 「陽イオン交換樹脂」自体は、「化学」で出てくるので、「化学基礎」だけ履修されている方にとっては、知らない言葉です。 こういう「知

                                  • 2021年 共通テスト「世界史B」過去問解説①第1問(解説動画付き):令和3年度 大学入学共通テスト 本試

                                    ご注意)この解説に一通り目を通すと、世界史が得意教科になります。 「つめこみ教育」だとか「知識偏重」だとかという批判に、強く批判します。「世界史」は、けっして暗記科目ではありません。 そもそも、全部覚えて何とかなるようなものではありません。 何が大切な情報かをつかみとり、それを効率よく整理していく能力が求められます。 さらに、特に共通テストのような良問では、思考力が求められます。そういう部分も、しっかり解説していきます。 問題は、大学入試センターの方で公開されます。そ

                                    スキ
                                    5