マガジンのカバー画像

茶室作り日記

14
自宅に茶室を作るまでの、構想から完成まで、そして実際に使ってみての経験を記録として書いてまいります。これから茶室を作ろうと思っている方の参考になれば、そしてまだ茶室を考えていない… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【茶室作り日記】第1回:はじめに−茶室と自分

自分はお茶を初めて20年近く経ちました。 お茶を始めたきっかけは、裏千家学園茶道専門学校を…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第2回:構想−茶室作りを思い立って

少しずつ茶道具や懐石道具を集めることができ、茶会や茶事を行うならば、自分の道具を使ってと…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第3回:構想−「茶室手づくりハンドブック」との出会い

茶室作りが進まない中、友人に薦められて「茶室手づくりハンドブック(岡本浩一・飯島照仁著、…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第4回:構想−茶室作りの構想

茶室の本から、自分なりに六畳の茶室ということで案を作成しました。 最初は次のようにフルオ…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第5回:施工業者選び−見積り依頼

茶室に改造する場合の費用を把握するため、施工業者として次の三社に見積り依頼しました。 ・…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第6回:施工業者選び−社中の建築事務所との出会い

行き詰まっていた頃、遠州流の社中で暑気払いがありました。 たまたま同席した代稽古の先生に…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第7回:施工業者選び−鯰組さんとの打合せ

暑気払の後日、鯰組代表の岸本耕さんと茶室作りの打合せを開始しました。 鯰組さんは当時、「なんてんcafe」というカフェを運営しており、そこで岸本さんのお話をうかがいました。 (「なんてんcafe」はその後、ごはん屋・ケータリングの「アホウドリ」になりました https://ahodori.tokyo/) 岸本さんは、茶室作りの専門家であり、さらに遠州流茶道の先輩でもあることから、知らなかったことや調べても分からなかったことが明らかになり、話がどんどん具体的になりました。 特

スキ
4

【茶室作り日記】第8回:設計から施工まで−茶室案を作成

鯰組さんのアドバイスを受けて、茶室案の検討を再開しました。 紹介済みの「自慢できる茶室を…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第9回:設計から施工まで−詳細打合せ、施工内容の決定

鯰組さんに施工をお願いすることに決め、見積りを取るため、茶室の諸々について相談して決めて…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第10回:設計から施工まで−施工実施

鯰組さんと施工スケジュールを決め、施工が始まりました。 敷いていた畳は全てリビングに積み…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第11回:茶室の完成−茶室ができあがって、炭を使う

◆茶室の完成 無事に工事が終了し、我が家に茶室が完成しました。 ・Before:普通の部屋とし…

いちわん
2年前

【茶室作り日記】第12回:茶室の完成−稽古をしてみて

茶室を作る前からの茶友と茶室の話をしたところ、お茶の稽古をしてみたいとの話があり、一対一…

いちわん
1年前

【茶室作り日記】第13回:茶室の完成−茶会が開催できた

■ 1 ■ 職場の同僚をお招きして 職場で「お茶室を作った」と話したところ、興味を持ってくだ…

いちわん
1年前

【茶室作り日記】第14回(最終回):茶室作りの勧め

第1回から書いてきたように、茶室作りを思いついて、設計して茶室を作り、稽古や茶会、そして茶事までできるようになりました。 ただコロナウイルスの影響で、2020年3月以来、茶会や茶事を行うことはできず、感染対策をして稽古を続けている状況です。 いつコロナ禍が解消されるか予想もできず、ここで茶室作りの感想をまとめることに致します。 第3回で「茶室手づくりハンドブック」から引用した「茶室があれば」という茶室の利点をもう一度掲載します。 茶室があれば ・人が集う機縁となる ・「茶

スキ
1