夜揄の向こうへ / 歌詞

窓に映る身を透かして
向こうに映える景色を見てる
ピント合わずに眺めて

動悸と足並みを同期して
刻むリズムに身を委ねてる
夜が背中を摩って

ガタゴトガタと電車は進むよ
癒え癒え癒え癒え
しがみつくのはどこに帰る為?
帰る場所はどこ?

通り過ぎる電車に映る
自分と目を合わせては逸らす
肺を夜景で満たして

シコシコシコと思考して
はて?何故?訳わからんね
グルグルグルと回る回廊
出口は見えず
月を確かめ安堵して

チクタクチクと時間は進むよ
嫌嫌嫌嫌
「置いてかないで僕はここにいるよ」
届きもしない声

ガタゴトガタと電車は進んで
チクタクチクと時間は進んで

ガタゴトガタと御託を並べて
言え言え言え言え
降りる駅はもうとうに過ぎたよ
終点はどこ
夜揄の向こうへ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
封印されしエクゾディア
5
普段は曲を作っています。 https://ichita1t.wixsite.com/ichitatta