見出し画像

IN&OUT of TOKYO 10「ブラックアンブレラ、東京を行く」/一日一微発見133

このあたりは80年代にWAVEというビルが建っていて、僕はその1階にあったシネ・ヴィヴァン六本木で『コヤニスカッティ』を見た。

ポスターのアートディレクションは、この映画のプロデューサーでもあったフランシス・コッポラと交友のあった石岡瑛子さんがやっていた。

1984年のことだ。

やがて世紀末になりWAVEは閉館し、それがとり壊されて、グラフィックデザイナーのブルース・マウがデザインしたビルができた。

六本木ヒルズへの序奏が始まった。それはZONEという名前の不思議な施設だった。

その一階には、ブックストアができていて、ちょうど僕のやっていたスーパースクールに名古屋から通っていたbachの幅 允孝くんが、本屋の店員をやっていたのを思い出す。

ちょうど僕らは坂本龍一さんと、オペラ『LIFE』を機にcodeというコレクティブをはじめていて、出版や環境に負荷をかけないグッズ開発などをやり出していた。コミュニティイベントも企画した。このZONEを会場にして、PLEASEというイベントをやった。

坂本さんがDJをやり、細野晴臣さんが飛び入り的な感じでDJをやった、まだ2000年代のはじめのことだ。

でもブルース・マウは六本木ヒルズのCIなど有力な候補だったが、結局、コンペに負けて、ジョナサン・バーンブルックが勝った。

ジョナサンはデビッド・ボウイの「ブラック・スター」のデザインでも知られるが、デミアン・ハーストの友人で、彼のブックデザインも沢山やっている。

この続きをみるには

この続き: 1,043文字
記事を購入する

IN&OUT of TOKYO 10「ブラックアンブレラ、東京を行く」/一日一微発見133

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

130円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

応援よろしくね~

ありがとうございます!! GOTO.
1
浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。

こちらでもピックアップされています

後藤繁雄の一日一微発見
後藤繁雄の一日一微発見
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

「一日一微発見」というのは、僕が師匠だと思っている文化人類学者、故・岩田慶治が日々やっていたこと。 僕はそこからヒントをもらって、もう15年ぐらい前だけど、ネットで日々連載していたことがある。 それを復活させてみよう。 僕の断片的思考訓練である。 長い文章も書きますが、散文的にキーワードのみの文章もあります。週に一回程度、3本くらいまとめて更新しています。 僕は、たくさん本も出していますが、プロフィールはこちらをご覧ください。 https://www.gotonewdirection.com/profile

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。