千葉雅也『現代思想入門』を読みながら「アート思考」について考える/一日一微発見303
見出し画像

千葉雅也『現代思想入門』を読みながら「アート思考」について考える/一日一微発見303

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

千葉雅也氏の『現代思想入門』が出版されたので読んでいる。

デリダ、ドゥルーズ、フーコーを中心にその背景にあるニーチェ、フロイト、マルクスなど「源流」そしてラカンやルジャンドルら現代思想の前提となっている思想家も整理してあり、実に快著と言えるだろう。

現代生活に忙殺される毎日の中で、よく生きるための「目安」をつけておくには実に役立つ本で、僕は大学での授業でも学生たちに必ず読みなさい、と勧めている。

しかしなぜ現代思想が現代生活にとって必要なのだろうかと問う人もいるだろう。
「難解」で「重い」(そう見えるだろう)思想に関わってなんかいられないよ、という声が聞こえてくる。
SNSとセルフィーとマウンティングの時代なのだから。

僕は、この千葉雅也氏があげる思想家たち(あとつけ付け加えるならば、ロラン・バルト)に極めて大きな恩恵を被ってきた。
70年代の中頃から彼らの本は日本で翻書が出るようになり、それ以前のイデオロギー系の本にとって変わったときに僕は大学生だったからだ。

サルトルやハイデガーの代わりにデリダを読みマルクスの代わりにフーコーを読み、そしてフロイトを読むかわりにドゥルーズやラカンを読んだ。

それは体験的には「速度」と「深度」そして「開放度」を調律するためのものとして使ってきたのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,675文字

編集者・アートプロデューサー・京都造形芸術大学教授/後藤繁雄です。 アートや編集のこと、思考、アイデア、日々起きていることなどをその都度書いていきます。 ここでの文章はハウトゥにはならないと思いますが、知性や感性を刺激したい人に読んでもらったらいいかなと思います。 僕は、人は、大きな出会いがやってきて変わるというより、微妙なものに気がついてだんだん変わることのほうが「可能性」が高いと思う。「微発見」。 それには、訓練が必要で、この「一日一微発見」も、僕の訓練法のひとつです。

「一日一微発見」というのは、僕が師匠だと思っている文化人類学者、故・岩田慶治が日々やっていたこと。 僕はそこからヒントをもらって、もう15…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

応援よろしくね~

ありがとうございます!! GOTO.
編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見
アートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。著書「アートの秘密を説きあかす」(光村推古書院) 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など。「自己編集(リエディット)」のためのスクールとオンラインコミュニティも開講中。