あたしは、 共に耕せる仲間でありたいんだーイチゴのつぶやき。
見出し画像

あたしは、 共に耕せる仲間でありたいんだーイチゴのつぶやき。

耕してない田んぼに苗を植えても、稲穂は実らない。

元少年院の先生、へいなかさんのことば。

これだ。
これが、イチゴイニシアチブの活動に関心を寄せ、一緒にやってみたいと思った理由だ。

“いい感じに稲穂が実らないかも”
そう思ったら、耕し方を変えたり道具変えたり、大人が、トライしてほしいんだ。

「こっちは自分の成功体験に基づいて耕したんだ!実らないのは本人が悪い!」

なんて、経験やカンでその子を諦めてしまうことに、違和感を感じてたんだ、あたし。

あたしは、
共に耕せる仲間でありたいんだ。

Maki

この記事が参加している募集

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
イチゴイニシアチブ

ありがとうございます🍓 いただいたサポートは、 お祝いの際の ・お写真の現像代 ・髪飾りを作るための材料費 ・お着物の悉皆代 ・コスメドライブの配送料 に使用させていただきます❤️✨ よろしくお願いします🥺

ありがとうございます♡♪☆
「おめでとう!をシェアしよう」 児童養護施設を中心に、あらゆる理由で親元を離れて暮らす、子どもたちの誕生日と成長のお祝いを、みんなの才能で贈り、喜び合う、プロジェクトチームです。 https://ichigoinitiative.jp/