高橋一彰/書評ライター
隅野貴裕「改訂4版 美タイピング完全マスター練習帳」
見出し画像

隅野貴裕「改訂4版 美タイピング完全マスター練習帳」

高橋一彰/書評ライター

・本書は、毎日新聞社主催のタイピング全国大会で6年連続優勝したほか、文字入力の技術研鑽や指導に関する研究に20年以上取り組んでいるタイピング日本一の達人の著者が、「正しく」「速く」「美しい」タイピングが楽しく身につくための方法について紹介した1冊。

・美タイピングのメリットは、
①仕事の生産性が向上する
②思考が中断されない
③長時間の業務でも疲れにくい
がある。入力速度が10倍になれば、現在の10倍の量の仕事をこなすことができ、文字を入力する時間が短く済めば、それだけ考える作業に時間を費やすことができ、限られた時間をより有効に活用できるようになる。また、タッチタイピングをマスターすれば、キーボードとディスプレイの視点移動がなくなり、目や首への負担が軽減され、流れるように自然に入力作業を行える。

・美タイピングをマスターするコツは、
①正しいフォームでスムーズに入力
②キーボードを絶対に見ない
③小さな達成感を積み重ねる
の3つ。タイピングには、正しいフォームがあり、そのポイントとなるのは姿勢で、次に正しい手と指の位置(ホームポジション)。適切な手やひじの角度を守って入力することで、スムーズで美しいタイピングができるようになる。また、キーボードを見ないで入力(タッチタイピング)するために、ホームポジションと、それぞれの指が担当するキーの範囲を覚えること。小さな目標を設定し、小さな達成感を積み重ねていくことで、はじめて学ぶ人でも、無理なく美タイピングを習得できる。SNSに投稿したり、友だちとメールやチャットなど好きなことに活用し、楽しみながら覚えることが大事。

本書では、「タイピングを始める前に押さえておくこと(キーボードの種類・ホームポジション・タイピングの姿勢など)」、「タイピングの基本操作(ローマ字入力・かな入力など)」、「「キー入力の基本」をマスターして正しくタイピングする方法(母音・子音・数字などのトレーニング)」、「指の動きと変換をマスターしてスピードアップする方法(各指・変換の基本などのトレーニング)」、「楽しく美タイピング(花、動物食べ物などの名前・アニメやマンガのキャラクターの名前など30のジャンル)が収録されている、また、Chromebookやスマートフォン、タブレットの入力方法やショートカットキー、単語登録の詳細についても書かれている。更に、美タイピングをマスターするための付属タイピングソフト(CD-ROM)が同封されており、これは、開催されているURLを入力すれば、Webで起動することも可能である。

#瞬読アウトプット  #1分書評 #インプレス #タイピング

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます!
高橋一彰/書評ライター
世の中の面白い本をSNSやAmazonレビューで毎日1冊紹介(6月29日で685日間継続中)。どんなジャンルも紹介します。本の寄贈はDMにて! 2020年から238冊いただきました。一部執筆を担当した「人体のふしぎ366」(きずな出版)が発売中。ブックライター塾7期。