サイト用01

紙の話

『総務にゾンビがやってきた!』制作日記続き。

 というか、ついさっき入稿しました!(ぱちぱちぱちぱち)
 時間外の入稿なので、何かあったらやり直しになるかもしれませんが、とりあえず8月くらいには 出 せ ま す !

 さて、同人誌。というか冊子というか、本。
 せっかく紙で作るんですもの、紙にもこだわりたいものです。

 ……とはいえ、『総務ゾンビ』に関しては「手に取ってもらいやすいこと」を至上命題として設定しておりまして、よって予算を削ることに主眼を置きました。

 お金をかければ相応の立派な本が出来ます。
 予算を考えながら「ここはこだわっておきたい」「ここは妥協してもいいかな」と調整するのは、悩ましいながらも楽しいところです。

 まず本文用紙。

 今まで作った同人誌では「書籍用紙」という紙にこだわっていました。
 商業出版の文庫本に使われている紙です。
 私、文庫本という体裁が好きで、本棚に並んでいる本はほとんどが文庫なんですが、「好きな本に近づける!」という意味で書籍用紙を使ってきました。『総務ゾンビ』では、「上質紙70kg」という紙にしました。

 本当は見本の紙を手に入れるのが一番、イメージ通りに作るにはいいのでしょうけれど、インターネットを探せば「どんな紙なのかな?」という疑問の「だいたいの」答えは見つかります。インターネットすばらしい。

 そういうわけで、ネットで見つけた情報と自分の想像力で、
「ここは妥協できるかもしれない」
 と判断したわけです。

 じゃあ表紙用紙。

 以前に書いたように、今までも今度も、表紙はモノクロ印刷です。
 ならば! の発想で、テクスチャ感のある紙を使いたいと思っています。

 目に留まったのは「レザック」という紙。
 学校の文集なんかで表紙によく使われている、あのしわのような加工の紙です。調べると、「レザーライクな紙」つまり皮の質感の紙なんだそうで。
 色の種類が選べましたが、できるだけ白ベース! というわけで「ゆき」というカラーを選んでみました。

 冒頭に書いたように、とりあえず入稿が終わったので、冊子本体に関する作業は(とりあえず)おしまいです。

 次は販売についてのことに着手ですね。

----

このnoteは投げ銭制です。この後に記事の続きはありません。
スキをもらえると元気が出ます。

この続きをみるには

この続き: 0文字

紙の話

氷砂糖

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。福岡在住のはたらく障害者。noteでは同人誌作成日記とか書いたお話の解説とか、あとは行ったイベントの私的レポート。障害者の日常は需要ありますか?

こちらでもピックアップされています

『総務にゾンビがやってきた!』制作日記
『総務にゾンビがやってきた!』制作日記
  • 6本

2014年中に出す予定のzine『総務にゾンビがやってきた!』の制作日記とか裏話とか。無事に発行できますように。

コメント (2)
書籍用紙には惹かれてしまいますよね。
そうなんです!
最初に本を作ろうとしたときは「絶対書籍用紙で!」と思っていました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。