見出し画像

行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ|PR TIMES

#わたしが応援する会社 は株式会社PR TIMES
最近ニュースサイトの片隅でよくこの名前を見かけますが、調べてみるととても素晴らしい企業だとわかります。

1.PR TIMESとは

行動者発の情報の質と流通速度を上げ、世の中の心を揺さぶる情報発信プラットフォーマー。企業のプレスリリースを提携メディア/サイトへ配信し、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐ会社。

2.わたしが応援する理由は?

理由は以下の3つ。

第一に、世の中の誰からも感謝される事業内容であるため。

かつて私は大手新聞紙/ニュースサイトから情報収集していたが、記事の多くが周知の情報であることやネガティブな話題であることに違和感を感じて、お気に入り企業のプレスリリースをフィード登録して一次情報を見るようにした。それらのなかでは新商品/イベント情報だけではなく企業広報のポジティブな想いやストーリーが直接語られるからだ。PR TIMESでは、自分の知る企業に限らず大小さまざまな企業のプレスリリースが提供されて日々それらの企業に対する新たな発見があり、また企業と直接つながる機会を獲得できる。私はPR TIMESに大変感謝している。企業広報側も同じ思いであろう。

第二に、PR TIMES自らも行動者であり、挑戦しているため。

2019年2月末日時点でPR TIMESの従業員数は50名ほどにも関わらず、360°画像や動画素材などプレスリリースの新形態提案やテレビ局との業務提携、テレビ番組の単独企画推進など、行動者発の情報の質と流通速度を上げるため果敢に挑んでいる。その結果、2016年上場以降の業績として売上高年間増加率 25%程度での継続的な安定成長を見せている。PR TIMES自らが行動者であることで、情報発信者の信頼を得るだけでなく、情報の受け手であるわれわれも多くの刺激や恩恵を受けているのだと気づかされる。

第三に、地方やベンチャーの「一隅を照らす」行動者を盛り上げているため。

最澄の言葉「一隅を照らす」のように社会で人知れず活躍している行動者たちに焦点を当て、PR TIMESの事業を通じて社会全体を盛り上げている。地方企業や自治体、ベンチャー企業との業務提携や運営支援を推進し、各種メディアを通じて生活者を活気づける情報を提供している。その結果、2019年11月末時点でPR TIMESの利用企業社数 34,668社、国内上場企業利用率 37.9%(2019年新規上場企業に限っては53.5%)で国内No.1シェアと高く支持されている。今後ももっと社会を明るく見せてくれる立役者になるだろう。

3.まとめ

わたしが応援するPR TIMESについて記しました。全く知らなかったけど素晴らしい会社があるのだなと思われた方は、ぜひPR TIMES発信の各社プレスリリースをご覧ください。行動者たちのポジティブ想いが直接伝わってきます。
PR TIMES: https://prtimes.jp/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
icazonです。30代、製造業会社員。関西出身、名古屋在住。気になったヒト、モノ、コトについてnoteします。