見出し画像

【Amazon FBA料金シミュレーターの使い方】手数料を瞬時に把握できる!せどり必須のツール

画像45


どうも!齋藤もときです。


今回は必ず知っておきたい
FBA料金シミュレーターの使い方について解説します。

せどりをしていて一番重要なことは
Amazon手数料がいくらで実際の利益が
いくらなのかを知ることです。

これを知るためには、FBA料金シミュレーターを
利用する必要があります。

FBA料金シミュレーターは利益や手数料を
瞬時に計算してくれる機能に加えて、
表示形式もグラフで簡潔に表されているので
初心者でもわかりやすいせどりに必須の
ツールになります!

使い方は簡単なのでサクッと読んで
覚えてくださいね。

画像2

画像3

AmazonのFBA手数料はジャンルによって違います。
それらを正確に見極めるために使用するのが
このツールです。

画像4


■FBA料金シミュレーターとは?

画像5

FBA料金シミュレーターは商品原価と
販売価格を入力するだけで純利益や利益率を
自動で計算してくれるツールです。

それに加えて

・FBAを利用して発送した場合
・自己発送の場合

どちらの配送パターンでも
計算できるようになっています。

また、FBA料金シミュレーターで手数料を
計算する際に必要なのがASINです。

画像6

画像7

ASINとはAmazon専用の商品管理番号のようなもので
1つ1つの商品にそれぞれ違った
ASINがつけられています

画像8

画像9

ASINはAmazonカタログから
手に入れることができるので
FBA料金シミュレーターを使うときは
必ずメモしておいてくださいね。

■実際にFBA料金シミュレーターを使ってみよう!

画像10

実際にFBA料金シミュレーターを使って
手数料の計算をしてみましょう。

FBAシュミレーターはこちら>

●商品のASINを入力する

FBA料金シミュレーターのトップ画面より
検索したい商品の「ASIN」を入れて
「検索」をクリックしましょう。

画像11

商品名でも検索できますが、
カタログによっては複数でてくる場合もあるので
基本的にはASINで検索しましょう。

一致する商品があれば以下のような
画面になります。

画像12


●【FBA配送の場合】右側3つの空欄に数字を入力

画像13

FBA配送の場合は右側にある

・商品代金(販売価格)
・配送料(FBA倉庫までの送料)
・商品原価(仕入れ価格)

これらを入力して「計算」ボタンを押しましょう。

●【自己発送の場合】左側4つの空欄に数字を入力

画像14

自己発送の場合は左側にある

・商品代金(販売価格)
・配送料
・出品者出荷の費用
・商品原価(仕入れ価格)

これらを入力して「計算」ボタンを押しましょう。


●FBA手数料・純利益・純利益率を確認できる

画像15

例えば上の画像だと

商品代金:10,000円
Amazonへの納品:800円
商品原価:5,000円

このような商品を仕入れたとすると

画像17

画像16

Amazon手数料:1,223円
純利益:1,977円
純利益率:20%

だとわかります。

ここで出る利益は「純利益」といって
実際に口座に振り込まれるお金です。

間違えないようにしてくださいね。

■FBA出品するなら絶対に覚えておきたい
「月額保管手数料」と「配送代行手数料」


FBA手数料は

・月間保管手数料
・配送代行手数料

この2つを足した手数料が表示されています。
では、それぞれについて
どのような手数料なのかを解説します。


●FBA月額保管手数料とは?

画像18

FBA月額保管手数料とは
AmazonのFBA倉庫に保管している
商品在庫に対して発生する費用のことです。

料金は、商品の体積(3辺の合計)によって
計算されるので、
商品が大きければ大きいほど
保管手数料(経費)がかかってきます。

月額保管手数料はひと月ごとに請求され
毎月7日~15日の間で前月分の手数料を計算し、
翌月請求されます。

月額保管手数料は、
手数料の数字よこ「▼」をクリックして
確認することができます。

画像19

例えばこの商品を、1ヵ月間FBA倉庫に
保管しておいた(売れなかった)場合の
月額保管手数料は318円です。

10日間で売れたとすると
318円÷30日間=10.6円/1日なので
月額保管手数料は106円となります。


●配送代行手数料とは?

画像20

配送代行手数料とは商品区分や
個数に応じて発生する手数料です。

お届け先の地域に限らず
全国一律料金で計算されるので、
表を見れば瞬時に把握できます。

配送代行手数料は手数料の
数字よこ「▼」をクリックして
確認することができます。

画像21

例えばこの商品の配送代行手数料は905円です。

画像22

画像23

FBA料金シミュレーターでは
月間保管手数料の318円と
配送代行手数料の905円を足した1,223円が
FBA手数料とひとまとめにして表示されています!

画像24

画像25

この商品が10日で売れた場合は
月額保管手数料は106円と、
配送代行手数料の905円を足した1,011円が実際の手数料です!

画像26


■商品の情報が不足していてFBA手数料が計算できないときの対処方法

画像27

料金シュミレータを利用していると、
ごくまれに上のような表示が出てきて料金が
計算できないときがあります。

この表示が出る理由としては、
商品の寸法サイズや重量情報が
まだAmazon商品ページに未登録だからです。

このような場合は
商品サイズと重さを確認することで
料金シュミレーションが行えます。

なので、該当商品のAmazon商品ページを
詳細にチェックしていきましょう。

画像28

包装の寸法と商品重量を確認することができたので
実際に入力します。

画像29

画像30

商品自体の大きさではなく
梱包した箱の大きさを入力しましょう!

画像31

画像32

画像33

すると、FBA手数料が自動計算されて
寸法や重量も考慮した上での
純利益額を計算することができます。

画像34

Amazon商品ページにサイズが載っていない場合は
インターネット等で調べましょう!

画像35


■FBA料金シュミレーターで大型商品と見分ける方法

FBA料金シミュレーターを使うと
その商品が大型商品なのかどうかを
見分けることができます。

見分け方のポイントは
「配送代行手数料」の金額を見ることです。

画像36

標準サイズのものであれば、
この配送代行手数料は350~370円ほどですが
大型商品になるとこの金額が500円以上に
なってきます。

このように大型と標準とで
配送代行手数料の料金が違ってくるので
ここの金額を確認して
どちらのサイズの商品なのかを見分けましょう。

画像37

大型商品は発送手数料やFBA納品先も変わるので、
事前に確認できるのは便利ですよね!

画像38


■FBA料金シミュレーターの拡張機能
「Amazon FBA Calculator Widget」

画像42

グーグルクロームの拡張機能である
Amazon FBA Calculator Widgetでは
右上にあるニコニコマークを
クリックするだけでAmazonの商品ページから
FBA料金シミュレーターの画面へ
アクセスすることができます。

画像43

わざわざFBA料金シュミレーターにアクセスして 
ASINを入力して手数料を調べる必要がないので
リサーチの時間短縮につながります。

無料で拡張できる機能なので
電脳せどりをレベルアップさせたい方は
追加してみてください。

Amazon FBA Calcu lator Widget
インストールはこちら>


■まとめ

Amazonせどりの際には
どのくらいの利益が出るかによって、
仕入れの判断が決まってきます。

感覚がつかめてくると
使用する機会も減るかと思いますが
特に初心者の方は自身の資金を
管理するためにも必ずFBA料金シミュレーターを
活用していきましょう。

また、手数料の調べ方はわかったものの
これから何をするべきかわからない方や
せどりのテクニックを知りたい方は
下の僕のLINE@からご連絡ください!

画像48


最後までお読みいただきありがとうございました。

画像45

画像46

twitter
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
https://twitter.com/motoki_ibc

画像47

facebook
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
https://www.facebook.com/motokisaitoIBC/

画像48

Instagram
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
https://www.instagram.com/motoki_ibc/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大阪在住/38歳/法人13期目/法人4社経営/せどり/中国輸入/IT教育事業/システム開発・販売/IT教育事業の中核IBCせどりコースは約1500名が受講、在籍400名/IBCマーケティングコース受講者は年間税引き前利益5000万円/個人スキルを上げ自由度を高める為の情報を発信中
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。