見出し画像

【株式会社The Youth設立のご報告】

2019年は僕にとって今後の人生が大きく変わる決断の年でした。

2年前の2017年は僕にとって心理的にだいぶ食らった年でした。19歳から単身渡米し、夢であったアメリカの大学の卒業を目の前に、家庭の経済的な理由で残り一年あった留学から強制帰国せざるを得ない状況だったからです。
これで人生が終わるわけではない、親の脛をかじりつくしたのだから自分で働いて自分の力でまた学校に戻ればいい。そう強く自分に言い聞かせ日本に戻りました。

幸せなことに日本に帰ってきてからは最高な職場に恵まれ、場とそこにいる人々が創り出す空間の魅力に取りつかれました。ただ自分のゴールはそこにはなく、学校に戻るという思いだけは抱きつつも、悶々とした日々と常に戦っていたように感じます。焦燥感は時間と比例して日々増し続ける中、今できることはがむしゃらに働くことだけだと自分に言い聞かせながら毎日を過ごしていると、瞬く間に時間が過ぎていきました。

その中で自分の人生に光を照らすような出会いが続きます。刺激的な仲間に恵まれ、熱意を持って全力で好きなことに打ち込むかっこいい大人たちに出会い、夢を見ることの大切さを学びました。自分の知らない新たな世界を見て感じて、自分の将来の軸になるような経験をさせて頂きました。

これらの出会いから“刺激的な仲間”や“かっこいい大人”とは懸命に好きを生きている人だと気付かされました。僕の周りの大人たちはその好きの延長線上に広がるなにかで世の中の人々の幸せを生み出している人たちなのだと感じています。

来たる将来を漠然と待ち構えていたぼくは人々との出会いを通じて、
自分は将来何に情熱を注ぎたいのか。
自分の一生をかけてどんなことを成し遂げたいのか。
数年前には語れなかったことがいまなら明確に答えることが出来るようになりました。

数年前のぼくがそうであったように、将来に対する不安や焦燥感を抱えながら生きている学生や若者は世の中に腐るほどいると感じています。

だからこそ、若者が様々な人と出会い、新しい世界を見て感じて、その人の将来の糧になるような経験が出来る空間を創りたいと強く思いました。

このような想いと共に、周りの強力なサポートの元、2019年12月に学生寮のプロデュース及びオペレーションを行う「株式会社The Youth」を仲間と共に設立致しました。

「学生と世界を繋ぐ」というMissionを掲げ、その街に開かれたカフェ・バー、旅行から短期留学で使用することができる学生ホテル、人種や国籍などあらゆる境界線を越えて学生が集えるラウンジが併設された学生専用のアパートメントです。

学生は世界中から訪れた仲間との出会いを通じて、既に社会で前を走る大人たちとの出会いを通じて、ラウンジにて毎週末開催される勉強会やワークショップを通じて、自分の知らなかった新たな世界や景色をThe Youthは若い世代に見せ続けます。

ぼくたちは現状ではまだ何も形にしていない状況ではありますが、本気でより多くの学生や若い世代と様々な世界を繋げたいと強く願っています。この事業を通してぼくらの想いを世の中に表現し続けていきますので、「The Youth」をこれからどうぞよろしくお願い致します。

最後になりますが、
The Youthは1月18日(土)に第一弾のイベントを開催致します。
将来に対しての不安や悩みなど、様々なことを抱えているミレニアム世代の方々や自分の好きを一生懸命楽しんでいる方々は要チェックなイベントになっております!!
詳細はFBのイベントページから、またInstagramも始めたので是非チェックしてみてください。

Event : The Youth Night Vol.1

Instagram : theyouth_tokyo

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。